日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第3回岐阜大会チャンピオン誕生!


第3回岐阜大会本大会が開催されチャンピオンが誕生した。

みおよしき選手。彼は、全国大会出場者ともなった。

みお選手は、2004年11月14日に国民文化祭inふくおかで開催された「詩のボクシング」国民大会・一般の部に大阪大会for国民大会チャンピオン(同年2月28日に大阪・弁天町で開催)として出場している。

あれから5年、その後もみお選手は「詩のボクシング」に挑戦を続け、再びチャンピオンになった。

いつも試合が終わった後にリング上で全国大会出場者に出場認定書を渡すのだが、今回は懐かしい友に会えたような気持ちになった。

もちろん、「詩のボクシング」の場での朗読を楽しむことの継続がなければ彼の再びのチャンピオンはなく、あるいは悪意に満ちた誹謗中傷や妨害に屈して「詩のボクシング」の場が途絶えていたとすればこの日が来ることもなかった。

継続は必ずや人を幸せにする、そう思えた大会でもあった。

全国大会ではみお選手の他に比類なきユーモラスな朗読を1人でも多くの人に聴いてもらいたいと思う。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「全国大会に向けて」

みおよしき


詩を詠む声は、
一瞬、一瞬響いて、消えていきます。
客席からの、息づかい、呼吸のやりとりも、
風のように、変化します。
録画しても録音しても、リアルには再生できない、
二度と、帰ってこない「時」、
その、「過ぎていく詩の時間」が好きです。
会場におられた、お一人、お一人の「記憶」としてだけ残っていく、
紙に書かれた作品を【黙読】するのとは、全く違う種類の熱量が、
読み手と聞き手の間を行き来します。

「詩のボクシング」に出会って、六年になります。
最初は、第二回の全国大会のテレビの再放送でした。
十七歳から詩を書いてきた、わたしですが、
体が熱くなって、震えるほど、驚きました。
「こういう朗読の〃場〃がある」と知って、
驚きました。

「ここに、わたしは行くのだ」と直感しました。
「行きたい」ではなく、「行こう」でもなく、
もう、リングに立っている自分が実感できるほどでした。
録画でしたが、めぐりあわせを感じました。

初リングは、「詩のボクシング」大阪大会for国民大会でした。
ここを通していただいて、福岡で開かれた、選抜の国民大会にまで出していただきました。
ビギナーズラックというものでした。

それから、香川、神奈川、奈良と。出場資格のある大会に出していただきました。
予選落ち2回、一回戦負け一回、という結果でした。
原因は、さまざまあったのですが、
体力負けが、一番の敗因でした。
仕事で体を酷使し、生活の自己管理もぼろぼろで、
入退院を繰り返す中での、リング朗読でした。
入院中に、外出許可をいただいて、出場した大会もありました。
「入院患者がボクシング」ドクターは、外出願いを見て、
首をひねっておられました。

岐阜大会は、第一回大会から出していただいてます。
ベスト8、ベスト4という、結果です。
いずれも、女性朗読ボクサーに敗れました。

そして、今回、第3回岐阜大会。
なぜか、不安や、緊張はありませんでした。
自信があったという事ではないのです。
なにか、うっすらと、霧のかかっている頭を、
懸命に、はっきりさせよう集中させようと、しているうちに、
用意した詩をすべて詠み、苦手な即興をやっていました。
「あっ、これ決勝戦なんだ」と、ふっと、意識がはっきりしたり、また、ぼんやりしたり。
あの日は、何かが、わたしに憑依していましたね。

赤い衣装と、赤いバンダナで、詩を詠みました。
お客さまから「好かれる色」だと信じてです。

「赤ずきん」とか、還暦の準備とか、
楠代表にかまっていただいて、うれしかったです。
全国大会も、「怪傑赤ずきん」で、行きます。

岐阜大会、その〃場〃から学んだことが、たくさんあります。
「物語」、「笑い」、「悲しみ」、「社会批評」、「未来への光」
これらを意識しながら作品を作ること。
朗読の、めりはり、抑揚、間(お客さまと共有できるリズム感)を大事にして、詩を詠むこと。
〃場〃に緊張してもいいけど、客席を怖がらないこと。

そして、なにより、お客さまに楽しんでいただけるよう、
芸の人としても、稽古を怠らないこと。
もっと、体力をつける。健康に気をつかうこと。

全国大会へ向けての、方針として、さまざまなポイントを手に入れた、地方大会、
第3回「詩のボクシング」岐阜大会でした。
これで、迷いなく東京に行けます。
一緒に詩を詠んでくださった朗読ボクサーのみなさま、
感謝いたしております。

文の、結びに、
大会でお世話いただいた、スタッフの皆さまに、お礼、申し上げます。
ありがとうございました。
こうしていただきたいと思うことを、すべてしていただいた、すばらしい運営でした。

もういちど、正座して、
ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

c0191992_2147048.jpg
 ※第3回岐阜大会チャンピオンのみおよしき選手
by videoartist | 2009-08-29 23:50 | 「詩のボクシング」