日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「詩のボクシング」が目指してきたものとは(おわり)


今後は、「詩のボクシング」から「声と言葉のボクシング」へと表現への本質的なところでの関わりを移行させようと思います。それは、個人から団体へということではなく、「詩」の中に「詩」はなく、「詩」の身体性に回帰することによって、つまり「詩」を「声と言葉」の状態に戻すことによって表現を引き出すことを意味します。

その「詩」の身体性に回帰した先には、下記に引用する「人との繋がりをどう作り出せるのか」の難問が待ち構えているように思います。しかし、この道は(幾度となく分かれ道に出会うでしょうが)進むしかありません。


[2月20日の岡山県津山市での講演会に向けて山陽新聞に書いた原稿からの部分引用・2010.2.12朝刊掲載]

児童生徒の暴力行為が再び増加しているという。昨年11月30日に全国の小中高校が2008年度に確認した児童生徒の暴力行為は約6万件で、前年よりも7千件近く増えたと文部科学省が発表した。それによると、「いじめ」の件数は年ごとに減少しているが、人とコミュニケーションがうまくできない、あるいは感情が制御できないことによる暴力行為が急増しているとのこと。しかも、人と繋がることができず、集団ではなく個人での暴力行為が増えているのだそうだ。

わたしは、その根本の原因は、自分の気持ちをうまく言葉に置き換えられないことにあると思っている。それは自分を客観視できないことでもある。もちろん、自分の心の内を言葉に置き換えられたとしても、その言葉を受け止めてくれる人が周りにいなければ、本当の意味で自分の気持ちや感情を制御することはできないだろう。

振り返ってみると、1980年代後半のバブル景気以降物欲が優先され、多くの日本人は自分のことだけを考えるようになってしまった。そのことにより人に対する優しさや思いやりを欠き、今に至って児童生徒の暴力行為の増加のみならず大人が身勝手な犯罪を引き起こすまでになったのではないか。

深刻なのは、自分を守るために自我の城を作り、その城の塀を高くすることによって人を排除してしまっていること。このままでは、結局のところ自滅にまでたどり着いてしまいかねないと危惧する。言うまでもなく、人と相互に認め合うことがなければ自分という存在も成り立たないからだ。

では、どうすればよいのか。人が相互に認め合える繋がりを今一度作り、その繋がりの中に自分を投げ出してみる必要があると考える。



また、昨年は一般参加の「詩のボクシング」を始めて丸10年を迎えました。そのことについて毎日新聞に書いた「『詩のボクシング』の10年:「声の文化」復権へ一石」と題された原稿が英訳されていました。上記の引用とも連鎖しています。

[下記は日本語原文の一部]

「詩のボクシング」を始めた頃(ころ)の詩の読み方は、声を出すよりも黙読が勧められていた。しかし、我々は文字の言葉だけではなく声の言葉も使っている。そして声の文化、声の型というものを生み出してもいる。

声で表されたものは、メモに走り書きされるように残るものではない。だから記憶できるように型に嵌(は)める必要があった。その型とは、強いリズムや反復、対句を用いたり、韻をふむといった方法を生み出すことであり、これが詩の起源ともなっている。また、人の記憶しやすいものに格言や諺(ことわざ)があるが、それらも声の文化の中で培われた型である。もちろん、声の文化は常に人とのコミュニケーションと結びついている。

ところがこの間、私が強く感じているのは、我々は人と交わることが苦手になり、声の型を崩してしまっているということ。このことが対人関係においても様々な社会問題を引き起こしている。では、どうやって声の型を修復できるのか。それにはやはり互いに声を受け止め合える関係を築けるようになるしかない。


'Poetry boxing' gives communication skills a jab of confidence

A "boxer" recites as her opponent looks on at the 7th annual national poetry boxing competition in 2007. (Photo courtesy of the Japan Reading Boxing Association)In 1997 I held Japan's first "poetry boxing" competition, in which two readers compete against each other to see whose voice and words resonate most with the audience. The event attracted public attention at the time thanks to the participation of professional poets and novelists like Shuntaro Tanikawa and Masahiko Shimada.

After what we called the World Lightweight Championship match between Shimada and the musician Sunplaza Nakano was televised in 2001, the transvestite performer Akihiro Miwa praised the event as an indication that people were finally capable of entertaining themselves in such ways in Japan. When poet Yasuki Fukushima and I fought it out in a mixed poetry tag team match in 2000, the late journalist Tetsuya Chikushi introduced the event on his signature news program "News23," saying that poetry boxing would prove to be "a breakthrough in the current poetry situation."

Seeking to provide a forum not just for professionals but for members of the general public to share their voices and words, in 1999, I established a tournament system with a new set of rules. With this, I was able to realize my dream of creating a place where participants from the public with a variety of occupational backgrounds, ranging in age from their teens to their 80s, could encounter and bond with each other.

The creative appeal of the tournament and its participants spread through word-of-mouth in the 10 years since then, and as a result, we now hold regional poetry boxing matches in 35 prefectures that lead up to an annual national competition. Moreover, elementary, middle and high schools across the country have begun to host their own poetry boxing matches as a way of cultivating students' communication skills.

Around the time poetry boxing competitions were begun, people were commonly being advised to read poetry silently to themselves. However, our relationship with words is not limited to what is written, but extends also to what is spoken. And it is these spoken words that have created the culture of speech, as well as vocal forms.

Words that are spoken do not linger like words scribbled on scraps of paper. In trying to commit spoken words to memory, people stylized them. This was how different rhythms, repetitions, couplets and rhymes -- said to be the origins of poetry -- emerged. Easily memorized aphorisms and proverbs are also vocal forms developed in the culture of speech.

Naturally, verbal culture is constantly linked to interpersonal communication. However, I have recently become acutely aware of a common reluctance among people toward interactions with others, leading to the collapse of vocal forms, which in turn has given rise to a multitude of social problems.

So how can we restore vocal forms? To accomplish such a feat, we must, not surprisingly, forge relationships in which we can hear and accept each other's words. Poetry boxing competitions are not just opportunities to enjoy voices and words, but vehicles for social rehabilitation.

My hope is for greater numbers of people from all over the country to participate in poetry boxing, and to popularize team competitions -- because they allow for more voices to be heard and shared. (By Katsunori Kusunoki, poet, video auteur and president of the Japan Reading Boxing Association)

(Mainichi Japan) November 24, 2009


by videoartist | 2010-02-12 23:00 | 「詩のボクシング」