日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

5月28日に10回目となる兵庫大会予選会と予選通過者


10回目になる兵庫大会予選会が行われ、16人の予選通過者が6月18日(土)にトーナメントで声を合わせます。

10年の歴史を重ねた兵庫大会ですが、振り返ってみるといろいろな人が参加してくれました。
兵庫大会ほど個性の強い人が参加した大会もないといっても過言ではないでしょう。

また、2度同じ人がチャンピオンになることがなかったということで、その層の広さが分かってもらえるのではないかと思います。

第1回チャンピオン 情野千里
第2回チャンピオン 井垣和子
第3回チャンピオン 伊予野みかん
第4回チャンピオン 佐野圭
第5回チャンピオン 野崎ターラー
第6回チャンピオン 清田仁之
第7回チャンピオン 見並なおこ
第8回チャンピオン 沖拓也
第9回チャンピオン 大窪純子

そして今回、第10回チャンピオンが誕生します。

このまま16回まで続けば、兵庫大会歴代チャンピオンでチャンピオントーナメントが開催できるのではないでしょうか。実現すれといいですね。

予選通過者16人は、

小林和夫
千明史
石原元秀
岩村空太郎
伊予野みかん
天童暁
きいこ
宮口隆
堀口昌宏
藤原麻優
川上菜穂子
見並なおこ
尾花哲也
萩藤優子
伊豆永恵太
池上宣久

の20歳から84歳の朗読ボクサーたちです。



こんな時こそ言葉の力 「詩のボクシング」、兵庫予選に36人 大震災の題材多く
2011.05.29 朝日新聞・兵庫

自作の詩を朗読し、内容と表現方法がいかに多くの審査員に伝わるかを競う「詩のボクシング」兵庫大会の予選会が28日、姫路市山野井町の姫路文学館であった。36人が挑戦し、6月18日に同館で開催される兵庫大会の出場者16人が決まった。普段の生活で気づいたことを朗読だけでなく、身ぶり手ぶりも交えて熱く表現していた。

リングに見立てた舞台で、対戦者2人が交代に3分以内で詩を朗読し、声と言葉の表現力を競う「言葉のスポーツ」。日本朗読ボクシング協会の楠かつのり代表らが考案して2001年から全国大会が始まり、兵庫大会は、02年から同館が主催している。

この日の予選会では、楠代表ら審査員3人が見守る中、1人3分以内で詩を朗読した。今回は東日本大震災の発生を受けて、思うことを表現した詩が目立った。参加者最年長で「声と言葉」という詩で兵庫大会出場をつかんだ神戸市兵庫区の宮口隆さん(84)もその一人。ボランティアで書道や俳句を教えていて、悩みのあるお年寄りに声をかけて喜ばれた経験をつづった。「こんな時こそ、声に出して言葉をかける大切さを詩に込めました」

明石市出身で大阪市在住の会社員池上宣久さん(50)は50歳の記念に作った「半世紀」で兵庫大会へ。

生え際から取り残された毛がポツンポツンと額に孤立しているのが不憫(ふびん)でならず、この毛はジョゼフィーヌ、この毛はカトリーヌ、この毛はキャサリン――。「自分のネタで笑いが起きるとたまらない。次も頑張ります」

兵庫大会はトーナメント形式で6月18日午後1時半から同館で。優勝者は10月22日に東京都千代田区である全国大会に出場する。



「詩のボクシング」:兵庫大会予選 日頃の思い込め 40人が身ぶり交え朗読/兵庫
2011.529 毎日新聞・兵庫

詩の朗読を拳闘にたとえた「詩のボクシング」の兵庫大会予選会が28日、姫路市山野井町の姫路文学館であり、市内外の個人と団体、計約40人がパフォーマンスを交えながら自作詩を発表した。審査の結果、16人と4団体が兵庫大会への出場を決めた。

個人の最高齢は84歳だった。出場者は3分の制限時間内に、日常生活や恋愛、家族、世界観などをテーマに、身ぶり手ぶりを交えたり、踊ったりしながら朗読した。詩人の楠かつのり氏ら3人が、どの出場者の声と言葉が観客により届いたかを審査した。

講評で楠さんは「言葉を7・5調などのリズムに乗せるとなじみやすく、聴きやすい。言葉もさらに掘り下げて、磨いてほしい」と助言していた。

兵庫大会は6月18日午後1時半、姫路文学館で開かれる。観戦自由。問い合わせは文学館(079・293・8228)へ



姫路で「詩のボクシング」予選 40人が言葉のパンチ
2011.5.29 神戸新聞

自作の詩を朗読し、声と言葉がどれだけ観客に届くかを競う「詩のボクシング」兵庫大会の予選会が28日、姫路市山野井町の姫路文学館で開かれた。播磨や阪神地域などから、10~80代の「朗読ボクサー」約40人が出場。身ぶり手ぶりを交え、情感たっぷりに表現し合った。

予選は個人戦が3分以内、3人1組の団体戦が5分以内で朗読。詩人の楠かつのりさんら3人が審査に当たった。

「チュルチュル」とうどんをすするわが子の愛らしさをうたったり、人生の悲哀を詠んだりと、題材はさまざま。マラソン選手に扮した牟婁てつやさん(42)=伊丹市=は「走る」という単語を連呼し、最後は声を振り絞って、フルマラソンの苦しさを表現した。

団体の部では、姫路工業高校演劇部から出場した2チームが、そろって決勝進出を決めた。3年の小嶋真介部長(17)は「決勝ではアドリブも交えて自分らしさを出したい」と張り切っていた。

本大会は6月18日午後1時半から同館であり、個人16人、団体4組が出場する。同館TEL.079・293・8228


by videoartist | 2011-05-29 16:30 | 「詩のボクシング」