日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

全国大会と第9回高知大会チャンピオン誕生


伝説となるものは、見逃しがちです!

10月22日の全国大会のチケットは、まだ売り切れておりません!

よく、「もう売り切れましたか?」、と問い合わせがあるのですが、まただま余裕があります。

10月17日(月)が前売チケットの購入期限となっています。お得な個人戦・団体戦セット券も10月17日(月)まで。

その日を過ぎると当日券の購入となります。
早めに購入してください。

今回の全国大会は「詩のボクシング」15年の歴史が凝縮されたものになります。プロも同じリングに立つ前代未聞の全国大会でもあります。

9月24日に行われた高知大会の個人戦・チャンピオンの小川ゆとり選手と団体戦代表になった昭和歌謡曲チームによって、そのことがより確かなものになりました。

これで個人戦・全国大会への出場選手は揃いましたが、年に1度しかない全国大会、自作朗読の可能性の地平を切り開いてきた場に今一度足を運んでもらえればと思います。


9月10日に富山県で行われた文芸道場・北信越[福井・石川・富山・長野・新潟]ブロック大会での「詩のボクシング」について。

「富山県高文連文芸専門部の会議があり、北信越大会において『詩のボクシング』が大成功であった」との連絡がりました。

来年、富山県で開催される全国高総文祭とやま2012 での「詩のボクシング」高校生大会が楽しみです。そこでは、個人戦と団体戦の両方を行います。

「詩のボクシング」は、教育現場では生徒児童のコミュニケーション能力を高めるのに有効だといわれますが、もうひとつ有効なものがあるのです。

それは、考える力を培うことです。「詩のボクシング」では、トーナメントをジャッジの判定によって進めるので、当然のことながら一つひとつの試合で勝敗がきまります。

しかし、その勝敗については、答えのように見えても答えでは決してないのです。つまり、聴き手の心内でどちらの声と言葉が届いたかを判定するしかない。その意味では、会場での判定結果とは、どちらの声と言葉がより聴き手の心に届いたかの目安でしかないのです。

答えがないがゆえに、考えるしかない。「詩のボクシング」に関わった人たちは、ジャッジ判定のみならず朗読ボクサーは表現したこと、聴き手はされたことにについて考えることを(今でも)続けているのではないでしょうか。

安易に否定したり肯定したりするのではなく、考え続けてもらうこと、そこに「詩のボクシング」の存在価値もあるように思います。

もちろん、それも「詩のボクシング」を聴き手が身体全身で楽しんでこそのことです。


第9回「詩のボクシング」高知大会のチャンピオン誕生!

今回の高知大会は、会場が一つになってバラエティに富んだ声と言葉の行方を追う展開になりました。

また、今回の高知大会では、朗読ボクサーたちのパワフルな声と言葉の表現を誰一人例外なく楽しめたと思います。

結果、個人戦・全国大会には小川ゆとり選手、団体戦・全国大会には昭和歌謡曲チームに決定!

彼らの精神のリミッターを外した過激ではあるが、優しくもある表現を観客は満面の笑みで受け入れていました。

彼らの表現は、聴き手に幸福感を味あわせてくれたのです。

全国大会のリングでも、そのパワーを炸裂させてくれるでしょう。

  小川ゆとり
c0191992_12211385.jpg



小川ゆとり

いいんですか…?
本当にいいんですか…?私でいいんですか…?

…いいんですね?

第9回「詩のボクシング」高知大会決勝戦、スポットライトに照らされたリングの上で、ジャッジが出た瞬間「私はもしか「して騙されているのではないか」と思いました。それぐらい自分が優勝できたことが信じられませんでした。

大会終了後に審査員の皆さんや会場に来てくださった観客の皆さん、同じリングで手合わせした選手の皆さんを始め、たくさんの方が「おめでとう、怖かったよ」と誉めてくださってやっと、罠でもドッキリでもなかったことに確信が持てました。ありがとうございます!ありがとうございます…!!夢のようです。

悲しいこと、つらいこと、理不尽なこと、せつないこと、怖いこと。たくさんありますよね。
それらは考えれば考えるほど湧水のように流れ出てきて、逃げ出したくなります。

でも、うじむしだっていつか立派なハエになって大空を飛べます。
高知大会では、そんな気持ちを皆さんに伝えたくて言葉にしました。

高知大会のチャンピオンになれたこと、高知県代表として背中を押していただけたことがうれしくてうれしくて、わくわくとプレッシャーとが混ざり合って爆発しそうです。でもせっかくなので全国大会のリングで爆発しようと思います。

あの…本当にいいんですね…?
ありがとうございます!




  昭和歌謡曲
c0191992_12232412.jpg




昭和歌謡曲

下尾仁

楽しい人にいっぱい出会うべく高知から12時間バスにゆられお江戸に行きます。

どんな出会いがあるかウキウキ~


田村ちか

高知大会、とても楽しかったです♪
   
本番ももちろんですが、私たち昭和の歌謡曲は団体ということで、何度も集まって夜中まで練習したり・・・が、部活のようで輝いた日々でした。笑

「詩のボクシング」に参加しなければ、こんなにも物事について深く考えたり、そうそうしない日常です。
  
ノートに書いては捨て、捨てては書いて・・・の繰り返しで、一つにまとまった文章ができた時は、創作の喜びなんですねー☆くせになりそうです!
  
先日、仕事の面接前に小論文を書く機会があったんですが、「詩のボクシング」で鍛えた成果か、何倍もの倍率をしのぎ見事合格!してしまいましたーこれもひとえに「詩のボクシング」さま様・・・やってよかった!と思いました♪
  
誘ってくれた下尾詩人、ノリノリリーダーユリカちゃん、運営の皆様に感謝です。

何でもやらないよりは、やった方が得をする人生やった者が笑う☆・・・これ、次のテーマに使えるかもー笑
  
ではでは、また東京でお会いしませう!


嶋崎ユリカ

「詩のボクシング」高知大会、出場するのも初めて、観るのも初めてでした。

でも、とても楽しかったです!
会場のみなさんに笑っていただけるって、幸せなことだと思います。

選手の方々のパフォーマンスにも大笑い。元気づけられたり、恐怖を感じたり…(笑) その表現力に感動しました。

高知代表に選んでいただいて、ありがとうこざいます!
一生に一度、できるかできないかの貴重な経験をさせていただけること、本当に感謝しています。

全国大会でも、南国高知のパワーをお伝えできればと思います。
よろしくお願いします(^-^)




朗読ボクサー対決 16人、自作の詩を披露/高知
2011.9.25毎日新聞

制限時間3分です「ファイト!」-来月東京で全国大会

リングに見立てたステージ上で「朗読ボクサー」が自作の詩を披露する「詩のボクシング」高知大会が24日、高知市九反田の市文化プラザかるぽーとであった。出場した16人はユニークな詩を思い思いに読み上げ、約100人の観戦者を楽しませた。

「詩のボクシング」は1対1の対戦形式で行われ、それぞれが自作の詩を朗読した後、審査員が青か赤の札を上げて勝敗を決める。レフェリーの「ファイト!」というかけ声とともに、16人が日常のエピソードを面白おかしくつづった詩などを読み上げた。

中には3分という制限時間にもかかわらず、「12分の長編大作です」と読み始め、レフェリーに止められる参加者も。必死に最後まで読もうとする姿に会場から笑いがわき起こった。

高知大会は02年から始まり、今回で9回目。16人のうち、代表者1人が10月に東京で開かれる全国大会に出場する。



「詩のボクシング」 小川さんら優勝 高知大会=高知
2011.9.25 読売新聞

ボクシングのリングに見立てたステージで、自作の詩を朗読して競う第9回「詩のボクシング」高知大会が24日、高知市九反田の市文化プラザかるぽーとで開かれた。

個人戦に16人、新設された3人1組の団体戦に4チームが出場し、“言葉のパンチ”で激しく応酬した。

出場者らでつくる実行委員会と市文化振興事業団が主催。昨年は資金難で実施が見送られたため、大会は2年ぶり。

団体戦の優勝は、現代詩創作グループ「カイノナマエ」(高知市)。東京電力福島第一原発事故を題材に、「放射能はことごとく人と人とを引き離す」などと輪唱のように訴えた。

東日本大震災で被災した福島県矢祭町から、四万十町に移住したメンバーの芳賀徹さん(41)は「被災者の心の叫びを詩にした。放射能の恐怖を感じてほしい」と話していた。

個人戦は、16~53歳の選手が対戦。住人に追われるゴキブリの視点で作った詩を、真に迫った朗読で披露した高知市中須賀町、アルバイト小川久美子さん(23)が初優勝した。

審査の結果、小川さんと団体の「昭和歌謡曲」(同)が10月22日に東京で開かれる全国大会に出場することが決まった。


by videoartist | 2011-09-26 16:00 | 個人戦及び団体戦・全国大会2011