日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今年の全国大会を振り返って


「詩のボクシング」は、声の言葉の場です。

声の言葉の場であるということには、主に以下のことを考えなくてはなりません。

1.声を発するには聴き手が必要だということ。

2.声を発するには[時間の流れを成り立たせる]空間が必要だということ。

声の言葉は、文字の言葉とは違い、表現する、あるいは表現を享受することにおいて身体全身の感覚を総動員しなくてはなりません。

言葉の意味やリズムだけではなく、声の高低や強弱、スピード、間といったことまで関わってくることを考えれば理解してもらえるのではないでしょうか。

また、声には、その声を響かせるための[時間の流れを成り立たせる]空間が必要です。文字の言葉が、それを書き表せるもの、つまり紙が必要なのと同じです。

ただ、「詩のボクシング」では書いた文字から声を立ち上がらせる、つまり文字を空間化させなくてはなりません。それはあたかも文字を立体化して空間展示するインスタレーション作品だとも言えるでしょう。その意味では、朗読ボクサーは現代美術作家と同じくアーティストなのです。

その空間を朗読ボクサーたちは、少し軽く考えているところがあります。

予選会でもよく言っているのですが、自分の部屋で練習する空間と予選会場の空間は違い、さらに本大会の空間も違うのです。

そのことの意味するのは、空間によって声の発し方も違ってくるんだよということです。空間の大小のみならず、その空間の造り、雰囲気、さらにはその場に来ている聴き手の層によっても違ってきます。

今回の全国大会でのなぎら健壱選手の自作朗読には、フォークシンガーとしてさまざまな空間で行ってきたライブ経験の豊富さが感じられました。空間を自分のものにしていました。そのことが判定結果にも少なからず反映されていたと思います。

一方、地方大会の空間でチャンピオンになれたのに全国大会の空間では上手く表現できなかったということがよくあります。そこにも朗読ボクサーが空間をどのように捉えているかが反映されています。

ただし、ライブ経験があればあるほどよいということでは必ずしもありません。ここでは、そういったこともあるよと頭の片隅に置いておいてもらえればよいと思います。


現在、全国大会の記録集の作成を進めていますが、文字で読んでみると朗読がまた違った姿を現すと感じています。面白いか、面白くないか、そのどちらかと言えば面白い。ただし、その場を体験している者にとってはより興味深く面白い、と言った方がよいのかもしれません。

全国大会に出場した感想も出場者全員から寄せてもらっていますが、出場者個々にそれぞれに闘いを終えた思いがあるようです。


なぎらさんに負けたことは納得がいき、すがすがしい思いでした。

ですが、団体戦終了後に、なぎらさんが「直前に原稿にエンピツで縦線引いて直してくるなんて、お前たちの推敲はそんなものか」と言いました。
この言葉に、どうしても反論を言いたかったのです。

そもそも、推敲という言葉は故事成語。
漢詩を作っているときに推、敲どちらの字を使うか悩み、ぶつかってしまった貴人に敲の字が良いと言われ、そうしたという話。

要するに、悩んだ末に外部からの提案や外部からの刺激によって考えを変え、言葉を変えてしまうことは何も悪くはないはずと思うのです。

私は、詩を本番ギリギリまで直す上に、作った詩を読む練習をほとんどしません。
時には舞台に立ってから思いついた言葉を盛り込んだりもしてしまいます。

もちろん、作品の言葉を前もって何度も何度も考え直すことは必要ですが、本番当日に大会会場で、今まで見たことない空間や人々に直面し考えに変化が生じることもあるでしょう。

自分が声に出すその瞬間まで、作品を作るための時間は継続している。これも「詩のボクシング」の一つの魅力なのではないか…と、誰よりも直前に直している自分は反論したかったのです。



「詩のボクシング」をやり始めて、こういう問いかけが多かったです。
「詩を書き始めたきっかけは~」、「あなたにとって詩は~」・・・。

正直、僕は詩人ではありません。
しかし、「詩のボクシング」なので、詩的なものを作ろうとした時期がありました。

でも、そこでいつも思うのです。詩的ってなんだろう・・・なんでそこにしばられるんだろう・・・どうして詩的じゃなきゃいけないんだろう・・・そもそも、詩的って、なんだろう。

詩人と呼ばれる(自称している)人たちが、あーでもない、こーでもないと言って、去っていく。そういう場面が何度となくありました。

これは詩じゃない。あれは詩だ。うーん、詩ってそういうものなのかな。

じゃあ、「詩のボクシング」は「詩の」だから、詩人だけがエントリーできるのかな。確かに、過去のチャンピオンは詩人だぞという雰囲気を出している人もいました・・・いや、彼らは本当に詩人なのか?

今回の全国大会、自分の中で、一つの確信を持ってリングに上がりました。
それは、「僕は詩人じゃない」ということです。

一時期、先ほど書いたような迷いがあって、本当に悩んだ時期がありました。
ずっと迷っていました。詩人か詩人じゃないか、これは詩なのかはたまた否か。
しかし今、そんなことは、実は大したことではないと思えます。

気がついたんです。
僕の中で「これは詩だ」と感じさせるものに、その人の気持ちが、その人自身が表れている言葉、それが詩だと。

形は色々あるだろう。でもあのリングに上がってくる人たちの思いは一つだ。
自分自身を言葉でぶつけてくる。僕がそういう気持ちで臨めばそれでいい。
自分を詩人と決めつけなくていい。そんなのは窮屈だ。
だから、僕は詩人じゃない。詩人じゃなくて、いい。


by videoartist | 2011-12-26 17:00 | 「詩のボクシング」