日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

9月12日(土)の岐阜大会に向けて


9月12日(土)の「詩のボクシング」岐阜大会に向けて当大会の主催者と連絡を取りながら大会の準備を進めています。

c0191992_62844.gifバロー文化ホール・「詩のボクシング」岐阜大会・出場者募集!

「詩のボクシング」は、声の表現にポエジーを見出す場

岐阜大会では、全国から出場者を募集しています。「詩のボクシング」は、声の場です。応募される皆さんには、こんな声の表現があるよ、この声の表現でどうだ、といったこれまでにない表現を感じさせていただければと思います。

ところで、日米ポエトリー交流プロジェクトでニューヨークの指導詩人たちと話した際に、彼らは、詩が読まれなくなった、詩を身近に感じられなくなっていると現在の詩状況に対して批判をしていました。そこで新たな可能性を求めてPoetry Slamを導入して子供たちの指導をしているとのことでした。

実は、わたしがドイツに留学していた時からの友人、フランツ・バルテンベルガー(ミュンヘン大学教授)がドイツ日本研究所の所長になって日本に来ており、一緒に何かをやろうということになり、わたしが提案して「日本のPoetry BoxingとドイツのPoetry Slamの比較」というテーマでゲーテインスティテュートで行おうということになりました。

ドイツ国内各地でPoetry Slamは行われており、国内及び国際大会も行われています。ドイツ語圏でいえば、オーストリアでもスイスでも同様のことが行われています。

フランツの住んでいるドイツのミュンヘン、そしてオーストリアのウィーン、スイスのバーゼルでのPoetry Slamを一度観に行ってみようと考えています。

それぞれの国で新たな表現の場を模索しているのだと改めて感じています。

日本のSlamについては、以前書いた下記のブログをご覧ください。

c0191992_62844.gif「詩のボクシング」を始めた頃の日本のSlam状況
by videoartist | 2015-05-31 11:08 | 「詩のボクシング」