日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


9月27日は、長崎大会の予選会があった。

長崎大会開催は2回目だが、1回目はワークショップ型で、今回は予選会、本大会という形にできればということだった。

主催する「ハマスカ」実行委員会の人たちが実に親切で気持ちよく対応してくれる。

わたしもいつの間にか長崎大会を盛り上げたいという強い気持ちになっている。

長崎大会は、これからの成長が期待できる大会だ。

その期待を膨らませるかのように、今回の参加者の中にこれまでにない朗読をする非常にユニークな朗読ボクサーがいた。ユニークというよりも、いや、確かにユニークなのだが、朗読する姿と朗読内容のギャップの大きさに驚かされたということなのかもしれない。来年制作予定のドキュメンタリー映像にはぜひとも登場させたい。できれば、全国大会のリングにも上がってもらいたいと思う。

11月1日の再びの予選会と本大会が楽しみだ。


9月28日は宮崎での高校生大会が行われた。

宮崎の高校生が「詩のボクシング」を楽しんでいることがよく伝わってきたいい大会だった。

ジャッジが102人というのもいい。司会進行も掛け合い漫才のようで面白かった。

来年の高校生全国大会も同じ進行だという、会場は大いに盛り上がることだろう。

そしてチャンピオンになったのが、宮崎日本大学高校2年生の津貫志帆選手。メリハリのある声と作品の構成力がずば抜けていた。

第9回全国大会のリングに上がって来る。

そして準チャンピオンの高鍋高校2年生の村上昌子選手。村上選手にも津貫選手に引けを取らない表現力があった。正直、どちらがチャンピオンになってもよい試合内容だった。今回の大会の結果、村上選手を「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会の九州チームに入れることができないか調整してもらっている。

大会後、朗読ランナーのささりん選手と津貫選手、村上選手の朗読をビデオ撮影した。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[全国大会に向けて]

津貫志帆


今回、宮崎高校文化祭で行われる「詩のボクシング」に初めて参加させていただき、
優勝という素晴らしいものを経験させていただきました。

もともと、出場するはずだった友人の代理として出場させていただきましたが、
他選手の数々のすばらしい言葉と思いに、本当に心を打たれ、
私もぜひ、誰かの心に響くような詩を自分の声で表現したいと思って所存でありましたが、
ステージの上は思いのほか緊張して、なかなか全力を出せなかったというのが本音です。

声で表現する詩、というものを身近に実感するに至って、
自分が伝えたいもの、自分の思っていること、誰かに知ってもらいたいこと、
多々私の中にある様々なことを、すこしでも楽しく、
また、楽しんで伝えることができたらいいなと思っています。

全国という、とても貴重な経験をさせていただくことにはなりますが、
私を支えてくれるたくさんの人たちや、このような機会を与えてくれた数多くの出会いに、
本当に感謝しています。

その感謝を忘れずに、精一杯挑戦させていただきたく思います。

これからも、トレーニングや推敲を怠らず、自分らしい「詩のボクシング」を目指していきたいです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


c0191992_061265.jpg
※チャンピオンの津貫志帆選手。
c0191992_0151115.jpg
※準チャンピオンの村上昌子選手。
by videoartist | 2009-09-30 00:30 | 「詩のボクシング」

ワークショップ型佐賀大会が終わった。

これまでに秋田大会、香川大会がワークショップ型で行われた。

ワークショップ型は、そこに集まった参加者たちで自分の言葉を声にしていかに伝えるかを体験しながら進めて行くもので、初めて参加した人たちに声の場の楽しさを知ってもらうことを中心にして行っている。

また、「詩のボクシング」のトーナメントも大会として体験してもらうが、トーナメントに出場できるのは通常の大会のように16人とは限らない。参加者の人数と短い時間内での進行に合わせて出場できる朗読ボクサーの数を決めている。

そして、ルールも全体の時間や進行内容によって臨機応変に変えている。決勝戦は、通常自作朗読と即興朗読の2ラウンド制だが、これまでのワークショップ型では、初参加者の人がいるということもあり(初めての人は何度も参加している人に比べると不利な点もある。なぜなら作品を何篇も持っていない場合もあるので)、即興朗読だけで終わらせている。

佐賀大会は、過去5回の大会を開催しているのだが、今回は人の集まりが特に悪かった。正直、これで他の大会同様、その中から一人全国に出すには、あまりにもバランスを欠いていると感じた。だから、参加者の中からわたしが推薦するということでもよかったかもしれない(実際に過去には全国大会に推薦で出場した選手もいる)。とは言っても、募集の段階で参加者から全国に出場できる人をトーナメントで決めるとなっているので、それに近い形にした。できるならば、今回はワークショップ型なので「詩のボクシング」を体験して終わりにすることができればよかったと思う。今後は、そういったことも含めたワークショップ型という大会形式を考えなくてはならない。

トーナメントの朗読で救いだったのは、初参加の2人の内容がよかったこと。参加者も観客も、そう感じていたようだ。

一方、残念なこともあった。決勝戦の即興朗読で、どんな「お題」が出されてもよいようにあらかじめ内容を作ってきている朗読を聴かされたこと。これは、メッキがはげるようにわかってしまうものだ。それだけではなく聴き手に不快感さえ与える(参加者にも、そう感じた人がいた)。「詩のボクシング」においては、そういった即興朗読(いや、それは即興ではない)は適さない。最もあさましく恥ずべきことだと思ってもらいたい。

そして、ワークショップの結果、8人のトーナメントで、しかも変則ルールではあったが、全国大会出場者が決まった。

全国大会出場者は、渋先選手。

彼女は、東明館中高校の教員で国語を教えている。第1回佐賀大会から連続参加してくれている。また、これまでの大会では教え子の生徒を連れて参加し、一緒にリングにも立っている。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

たこ焼きテーマの即興詩 詩のボクシング 渋谷さん優勝
2009.9.27佐賀新聞

ボクシングのリングに見立てたステージで自作の詩を朗読し、勝敗を競う第6回「詩のボクシング」佐賀県大会(※県大会といえるものではなく、ワークショップ型の大会である)が26日、佐賀市のアバンセであった。1回大会から出場している基山町の東明館中高校教諭、渋谷直美さん(44)=福岡県前原市=が優勝、11月に東京である全国大会の切符を獲得した。

県内外から16人(※参加者という意味では間違いないかもしれないが、トーナメントを体験したのは8人)が出場した。渋谷さんは決勝トーナメント1回戦で、乗り越えるべき課題を「のどにつかえた魚の骨」にたとえた創作詩を朗読。僅差で敗れたが、敗者復活で決勝に進み、「たこ焼き」をテーマにした即興詩で、栄冠に輝いた。

渋谷さんは「生徒たちに『私の夢だから頑張ってくる』と言ってきたのでうれしい。全国大会では自分らしい表現ができれば」と意気込みを話した。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「全国大会に向けて」

渋先


サガン鳥栖の試合を応援にいった時 受け取った第1回「詩のボクシング」佐賀大会のチラシ。

私がさがして世界があった。

それから第6回大会まで参加し続けた。

たくさんの人とたくさんの言葉との出会い。ありがたかった。

全国大会では、私が私であり続けるために身の丈の言葉で表現したいです。

よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

c0191992_1094658.jpg
※ワークショップ型佐賀大会チャンピオン・渋先選手
by videoartist | 2009-09-29 10:30 | 「詩のボクシング」

今日は、来年の東京大会[主催:主催:財団法人・品川文化振興事業団]の日が決まった。ワークショップ型ではなく、予選会、本大会を行うことになった。会場も今年と同じ「きゅりあん」。

今週末の土曜日(9月26日)はワークショップ型佐賀大会、そして日曜日(9月27日)は長崎大会予選会、月曜日(9月28日)は宮崎県高等学校文化連盟文芸専門部主催の高校生大会がある。

一般参加の佐賀大会と長崎大会は、まだ応募を受付いる。

下記に募集の新聞記事を引用。各地の大会は、地元メディアが応援してくれる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

“詩の朗読ボクサー”募集・「ハマスカ」実行委9月27日、浜町で予選会
2009.09.19 長崎新聞


 自作詩の朗読で対決する「詩のボクシング長崎大会IN浜んまち」予選会が、27日午後1時から、長崎市浜町のシンジュエンギャラリーで開催。主催する市中心部活性化プロジェクト「ハマスカ」実行委は、予選会に出場する“朗読ボクサー”を募集している。

 「思いを声に出して表現することで、新たな自分を発見するきっかけに」と昨年から開催。予選はトーナメント形式で実施し、日本朗読ボクシング協会代表で音声詩人の楠かつのりさんらが審査、指導する。一般公開はしない。

 予選通過者は、11月1日午後1時から同ギャラリーで一般公開する長崎大会本大会に出場。優勝者は同月、東京である全国大会に出場する。

 出場資格は15歳以上の県内在住者。詩は未発表のオリジナル作品で、朗読形式は自由。3分以内ならば複数作品でも可。自分の声だけの表現で、音楽などの使用はできない。出場無料。

 出場希望者は、専用申込書か、名前(ふりがな)、性別、年齢、職業(学校名)、住所、電話、電子メールアドレスを明記し、「ハマスカ」実行委に、ファクス095-826-8908)か、メール(info@hamasuka.jp)、はがき(〒850-0853、長崎市浜町10の21with長崎4階)で申し込む。問い合わせは実行委(電095-823-0278)。


”詩の朗読ボクサー”募集
2009.08.26 佐賀新聞


 2人の朗読者がリング上で自作の詩を読み、どちらが観客の心に届いたかを競う「詩のボクシング」の第6回県大会が9月26日、佐賀市のアバンセで開かれる。出場者を募集している。

 ボクシングを模したリングを設け、赤と青のコーナーに分かれて3分以内で詩を朗読し合う”競技”。新感覚の「言葉のスポーツ」として注目され、全国35都道府県で大会が開かれている。

 今回は11月に東京で開かれる全国大会への出場権をかけた”戦い”。当日は午後0時半から、日本朗読ボクシング協会代表で、詩人の楠かつのりさんが指導する「ワークショップ」を行った後、午後2時半からトーナメント方式による大会を行う。

 出場資格は県内出身か県内在住、県内に通勤・通学している15歳以上の人。「言葉を声にできればだれでも参加可能」という。エントリー料1000円(高校生以下は無料)と、自作の詩を2~5作品用意してくることが必要。観戦料は500円。

申し込みや問い合わせは事務局(宮木プリント)の宮木さんか上原さん、電話0952-33-6177、メールはuehara-k@lup.bbiq.jpへ。
by videoartist | 2009-09-24 22:00 | 「詩のボクシング」

第10回全国大会に向けて


ワークショップ型「詩のボクシング」東京大会への応募者が70名ほどあった。
締切日の翌日(20日)に抽選、40名ほどワークショップに参加できる人が決まった。

中にはわたしが知っている人もいるが、大半は初めて「詩のボクシング」に参加する人たちだ。どのような朗読をするのか、楽しみだ。

今回は初参加の人を優先させるとしたが、一方にはリピーターを優先させるものもあってよいと思う。


今日は、来年の秋田大会を7月24日(土)に大館市民文化会館[主催:(財)大館市文教振興事業団]で行うことが決まった。再びワークショップ型だが、いずれは予選会、本大会という形にしたいと話していた。

「詩のボクシング」に一度取り組んだところは、嬉しいことに次の年も継続的に行ってくれるところがほとんどだ。

また、来年の山口大会本大会は、準決勝までを赤間神宮で行い、そして決勝戦の会場を巌流島に移して行う話が進んでいる。まさしく小次郎と武蔵の巌流島の決闘さながらの演出。これまでになく面白い大会になりそうだ。
by videoartist | 2009-09-22 21:30 | 「詩のボクシング」

今年の全国大会のように個人戦と団体戦のイベントを分けてやるのではなく、1つにして両方を楽しんでもらえるようにできないものかと考えている。

ただ、試合時間が長いと出場者も観客も疲れてしまうので、これまでの16人のトーナメンにかかる時間+αくらいでできるといい。

もし、それを可能にするのであれば、個人戦を8人で、団体戦も8チームでトーナメントを行えばイベントを4時間以内で終わらせることはできる。4時間以内であれば(2つの異なった試合形式でもあるので)出場者も観客も人の声と言葉を楽しむのに集中度を欠くこともない。むしろ、そういった流れにすることによって、個人戦、団体戦を通して声と言葉の場がより楽しく充実したものになるのではないかと思う。


この時期になると2010年に開催される各地の大会の動きが始まる。すでに第10回「詩のボクシング」全国大会に向けて北海道大会、三重大会、兵庫大会、徳島大会などの大会日程が決まっている。

それぞれの大会では、「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会に出場を希望するチームも募ることになっている。ただし、2010年に開催される各地の大会では団体のトーナメントを行うことはない。

しかしいずれは、各地の大会も8人のトーナメントと8チームでのトーナメントをできるようになればと考えている。
by videoartist | 2009-09-20 10:00

今日は、ワークショップ型東京大会の募集締切り日だが、締切り日を延ばすということはないそうだ。

北は北海道から九州は大分まで全国各地らの応募があり、年齢も10代から80代までと幅広く、さらには初参加の人も多いという。

ということは、これまでの東京大会がそうであったように今回の内容も濃いものになるに違いない。

東京大会はワークショップの後に15;45から行われる。観戦は無料。

会場は、品川駅から一つ目の大井町駅すぐ前のきゅりあん。

c0191992_62844.gifきゅりあん(小ホール)へのアクセスマップ


ワークショップ型東京大会の前に9月26日がワークショップ型佐賀大会、27日が長崎大会予選会、28日には高校生の宮崎大会がある。そして9月30日には富山県高岡市に日帰りで行くことになった。

以前このブログでも紹介したが、高岡第一高校の文化祭で生徒が「詩のボクシング」団体戦を行うので指導してほしいとのこと。

行くといっても、高校に着くと同時にトーナメントが始まり、終わるとすぐに帰えるという強行軍だ。

来年以降、「詩のボクシング」に本格的に取り組みたいという高校側の情熱の熱を冷まさないようにしたい。
by videoartist | 2009-09-19 00:10

明日から11月21日(土)に開催する第9回「詩のボクシング」全国大会と初の「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会のチケットの発売が始まる。

今回は、リング全面にひな壇式の客席を設けての大会、自作朗読ではこのような演出はかつてないことなので、楽しみにしてもらい。

チケット購入方法は下のアイコンをクリック!

c0191992_20222825.jpg



以下がメールマガジンで配信した案内文。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------


今回1回限りとなるリング4面にひな壇式客席を設けた全国大会をお見逃しなく!

ご案内

来たる11月21日(土)に東京・新宿にあります全労済ホール/スペース・ゼロで、年に1度の第9回「詩のボクシング」全国大会と今回初となる「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会を開催いたします。

現在もなお全国大会へ向けた地区大会が行われておりますが、すでに決まっている地区大会チャンピオンは、いずれもこれまでにない朗読スタイルによって観客を魅了しております。ご期待下さい。

また、一般参加による大会10周年を記念して、新たに「声と言葉のボクシング」の名称で団体戦・全国大会[チラシ裏面及び下記※参照]を開催することになり、その記念すべき第1回大会として、「詩のボクシング」の歴代全国大会チャンピオンもリングに上がってきます[チラシ表面参照]。あの感動の朗読を再び楽しんでいただけることでしょう。

さらに両大会は、リング4面にひな壇式の客席とジャッジ席を設け、これまでにない臨場感でトーナメントを楽しんでいただけるように工夫しております[チラシ裏面参照]。こういった大会の演出は自作朗読史上初のことになります。

スタッフ一同、皆さまがこの1回限りとなります4面に客席を設けた記念の大会を快適に楽しんでいただくための準備を日々進めております。ご来場を心よりお待ちいたしております。

                                         日本朗読ボクシング協会 スタッフ一同

※団体戦につきましては同封していますチラシ裏面をご覧下さい。チケット購入方法につきましてもチラシ裏面をご覧下さい。なお、今回は、客席数がこれまでの大会と異なり少なくなっておりますのでお早目の購入手続きお願いいたします。両大会を観戦いただけるお得なセット券もあります。

※小学生以下の子供の入場についきましては、必ず保護者同伴をお願いいたします。また、朗読中は他のお客様に迷惑を掛けないようご理解ご協力をお願いいたします。

※セット券発売は、日本朗読ボクシング協会でのみ取り扱っていますのでご注意下さい!

チラシ表(開催日時・場所)
c0191992_62844.gifhttp://www.asahi-net.or.jp/~DM1K-KSNK/zenkoku-9-omote.jpg

チラシ表(チケット購入方法・会場への地図・団体戦ルール)
c0191992_62844.gifhttp://www.asahi-net.or.jp/~DM1K-KSNK/zenkoku-9-ura.jpg
by videoartist | 2009-09-14 20:30

「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会に出場する兵庫チームが決まった。

8チームの中で人選に最も時間がかかった。大会を開催している三重、滋賀、岐阜、山梨大会などからも全国大会に出場できる3人を選出することはできたが、今回は大会開催回数の多いところから選ばさせてもらった。

兵庫チームの情野選手は、初代兵庫大会チャンピオンで川柳作家であり舞踏家でもある。全国大会のリングで久し振りに磨きのかかった川柳パフォーマンスを披露してくれることだろう。

溝口うらら選手は、今回の兵庫大会で注目された選手。ベスト4で敗退したが、全国大会のリングに大復活して上ることになった。

寄せってもらったコメントに「詩には少し暗いイメージがあると思っていました。大人しい子が、ノートに一人綴っているような。『詩のボクシング』に出て一番よかったことは、そんなイメージが、一気に変わったことです。『詩ってめっちゃおもろいやん!』」とあるように、全国大会のリングでの彼女の朗読に期待してもらいたい。

※コメント欄に兵庫チーム3人への応援メッセージを寄せてください!


 情野千里選手 初代「詩のボクシング」兵庫大会チャンピオン
c0191992_9171338.jpg


第二回全国大会、選抜式沖縄大会、そして今回の団体戦と、全国大会参戦も3回目になる。
やる気満々の前傾姿勢にはいささかの変化もないが、アート系専業主婦、略してA・S・Sの肩書が今回は使えない。

一番近くで声援を送ってくれていた夫が、昨年急死!
喪失感にさいなまれながらも、一周忌、初盆をすませた今、新しい肩書を考え出した。
アート系メリーウイドウ略してAMW(BMWではない)。

若い二人の恐いものなしの言葉力を頼りに、11月の大会に向けてアクセル踏み込んで、GO!


 沖拓也選手 第8回「詩のボクシング」兵庫大会チャンピオン
c0191992_9181693.jpg


何が起こるかわかりません。

波が来るかもしれません。

風が吹くかもしれません。

明日の暮らしが
豊かになるヒントが
そこには隠されているような、

お金でも地位でも名誉でもない

はだかの言葉

そこには

なにがあるのかわかりまへん。

とにかく現場で会いましょう!


 溝口うらら選手 聖母被昇天学院高校3年生
           第8回「詩のボクシング」兵庫大会出場者

c0191992_9194782.jpg


詩には少し暗いイメージがあると思っていました。
大人しい子が、ノートに一人綴っているような。

「詩のボクシング」に出て一番よかったことは、
そんなイメージが、一気に変わったことです。

「詩ってめっちゃおもろいやん!」と。

兵庫チームのメンバーに選んでいただいて、
まったく普通の女子高生ですが、
全国大会がんばります!

チームのみなさんよろしくお願いします(●´ω`●)
by videoartist | 2009-09-12 10:00 | 「声と言葉のボクシング」

久し振りに作家の島田雅彦さんと話し、「詩のボクシング」を一般参加にして10年目となる記念大会でのジャッジを引きけてもらった。

島田さんが、2001年11月10日に第5回世界ライト級王座決定戦でタイトルを防衛してから8年が経つ。対戦相手は、サンプラザ中野、現在のサンプラザ中野くん。小説家とミュージシャンの異種格闘技戦でもあり、多くの人の関心を引いた。リングを挑戦者のサンプラザ中野くんの故郷の千葉県柏市に設け、当日はサンプラザ中野くんの高校時代の同級生も多数観戦に来ていた。

このタイトルマッチでの島田さんの自作朗読は、彼からタイトルを奪える人はいないのではないかと思えるほどの内容だった。

それ以降、世界ライト級のタイトルマッチは行っていない。やって欲しいという声をよく聞くが、正直、一般参加の大会以外にタイトルマッチという大きな大会を開催する時間的余裕がない。

しかし、いつの日かまたタイトルマッチが行える時も来ると思わないではない。

第9回全国大会では、オープニングで島田さんに自作朗読を披露してもらおうと考えている。


c0191992_7151755.jpg
 ※2001年11月10日に行われた第5回世界ライト級タイトルマッチのチラシ
by videoartist | 2009-09-09 08:00


今年の団体戦のジャッジに江國香織さん、川上弘美さん、ピーター・バラカンさん、しりあがり寿さん、関川夏央さんらが参加!

ジャッジについては9月2日のブログで少し紹介したが、川上さんは朝日新聞での小説の連載が始まるので忙しいとのことだったが、一考の末に引き受けてくれた。

漫画家のしりあがり寿さんも引き受けてくれた。

これまで担当してもらったジャッジの皆さんに再びジャッジ席に座ってもらえるのが嬉しい。

 直木賞作家:江國香織さん
c0191992_9335418.jpg

 芥川賞作家:川上弘美さん
c0191992_9341618.jpg

 ブロードキャスター:ピーター・バラカンさん
c0191992_9401591.jpg

 漫画家:しりあがり寿さん
c0191992_9403179.jpg

 司馬遼太郎賞受賞作家:関川夏央さん
c0191992_9452595.jpg

by videoartist | 2009-09-08 11:30 | 「声と言葉のボクシング」