日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


漫画家のやなせたかしさんが、92歳になってから詩を書き始めたという柴田トヨさんの詩集「くじけない」について産経新聞紙上で書評をしていました。

わたしは、その書評を過去に「詩のボクシング」に参加された90歳前後の方たちの「齢を重ねた言葉は、それだけですでに詩であると感じさせてもらった」ことを思い出しながら読みました。

しかもやなせさんは、柴田さんの詩について、「詩はおもいついた時にノートに鉛筆で書き朗読しながら何度も書きなおして完成するので、1作品に1週間以上の時間がかかるそうですが、これは正しい詩のつくりかただと思います」と書いています。わたしも、文字の言葉がどのように声の言葉を孕んでいるのか、それを確かめながら自分の言葉を見つけ出すことは詩にとって必要不可欠な行為だと思っています。

さらにやなせさんは、「もし詩のボクシングで、柴田トヨさんとぼくがリングで対戦することになったら、たたかう前にぼくはギブアップして平伏してしまいます」とも書いています。ただ、たたかう前に平伏するかどうかは、これは実際にリングに立ってみないと分からないことでしょう(笑)。それが実現できるかどうかは別として、「詩のボクシング」がやなせさんの詩というイメージの中に住み着いていると感じられたのが嬉しかった。

ちなみに、もう10年ほど前になりますが、90歳になったまどみちおさんに出場依頼をしようと思ったことがありました。

【書評】『くじけないで』柴田トヨ著
2010.03.28 産経新聞東京朝刊

眼をさました詩の天使

すばらしい詩集です。今まで詩に興味のなかったひともこの柴田トヨさんの「くじけないで」はぜひ読んでみてください。人生いつだってこれから、何をはじめるにもおそ過ぎるということはないと元気がでてきます。

92歳から詩を書きはじめて、100歳近くなった現在までの詩を読んでいくと、詩の質が進歩していることにも感動します。

生きてるということは本当にすばらしいとうれしくなる。

「私が詩を書くきっかけは倅のすすめでした。腰を痛めて趣味の日本舞踊が踊れなくなり、気落ちしていた私をなぐさめるためでした」

と、あとがきにありますが、それが天の声で、トヨさんの心の中でねむっていた詩の天使が眼をさまして、人生の晩年に歌いだしたのだと思います。少しも枯れていない少女のような愛らしい声で。

詩はおもいついた時にノートに鉛筆で書き朗読しながら何度も書きなおして完成するので、1作品に1週間以上の時間がかかるそうですが、これは正しい詩のつくりかただと思います。

全部の詩がなめらかで読みやすい。耳にやさしくひびきます。

読んでいてひとりでにメロディが生まれて思わず歌ってしまった詩もありました。

ぼくは詩の楽しさはこういうところにもあると思っています。

読んでもなんのことやらよく解らず、相当な知識がないと理解できない難解な詩も、それはそれでそんな詩を愛するひとたちにはいいのだと理解していますが、誰でもがわかる詩で、イージーリスニングであるほうが、むしろぼくは好きです。

もし詩のボクシングで、柴田トヨさんとぼくがリングで対戦することになったら、たたかう前にぼくはギブアップして平伏してしまいます。

詩集の最後に「秘密」という詩があります。

 九十八歳でも

 恋はするのよ

 夢だってみるの

 雲にだって乗りたいわ

 「ぼくもそうだ」と心の中でトヨさんにさけびました。(飛鳥新社・1000円)

評:やなせ たかし

by videoartist | 2010-03-29 12:00 | 「詩のボクシング」

第6回「詩のボクシング」神奈川大会への参加者の募集が始まりました。

下記のページからweエントリーで応募が簡単にできます。

c0191992_62844.gif第6回神奈川大会募集のページ

声を出して伝わることの喜びを噛みしめよう!

予選会は2010年6月12日(土)に午後1時から関内ホール(リハーサル室4)で行われます。
本大会は2010年7月3日(土)に関内ホール(小ホール)で開催されます。午後1時ゴング!

予選を通過した14人の朗読ボクサーと敗者復活戦枠に登場する2人(予選会参加者で当日会場に来た人の中から選ばれる)の16人が声と言葉を合わせるトーナメント戦!

変更点:予選会では16人を選んでいましたが、今回は予選落ちした参加者にもチャンスを与えるということで予選通過者を14人とし、後の2人は予選会参加で当日会場に来た人から2人を選ぶことにします。その方法は、くじ、あるいはじゃんけんによるとします。

また、今大会では、3人1組となって自作朗読をするチームを新たに募集します。

予選会に参加されたチームの中から10月16日(土)に開催される第2回「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会への出場チームとして推薦されます!

[チーム応募条件]:3人でチームを組むこととチームの平均年齢が15歳以上になっていること。年齢は平均年齢なので、たとえば、小学生を含む家族での出場も可能です。朗読内容は、団体トーナメント1回戦のルールに従って行います。

1回戦:(各チーム制限時間5分)全員が声を出す。各自がリレー式で朗読する、あるいは輪読、群読または他の方法によって必ず制限時間内に全員が声を出すこと。

c0191992_62844.gif「声と言葉のボクシング」団体戦について

神奈川大会では、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、静岡県の1都7県のエリアに在住の方であれば応募可能です。
by videoartist | 2010-03-23 13:00 | 「詩のボクシング」

右目的思考、左目的思考


人が立体感を得られるのは、右目と左目で物を見る角度や距離が異なることから生じる両眼視差によると言われている。それだけではなく、両眼の輻輳角や眼球の水晶体の調節によって奥行きが、網膜像の大きさによってものの動きが分かるそうです。

最近は、ものを見るのに右目的思考と左目的思考というものがあるとすれば、それをどのように認識できるのか、そういったことを考えています。

下の2枚の画像は、右目と左目で見たものとして同時に撮ったものです。この両眼視差を上手く合成できれば立体的に見ることも可能になります。

c0191992_2149218.jpgc0191992_21493773.jpg
by videoartist | 2010-03-21 22:00 | 3D(立体)映像
1月14日のブログで下記に紹介した番組の放送日と時間が決ったっと担当ディレクターの方から連絡が来ました。

NHK-BSの「朗読者の挑戦」という番組で「歌謡コンサート」の司会でおなじみの小田切千(おだぎり・せん)アナウンサーが朗読に挑戦するので、その指導をします。小田切アナウンサーの挑戦の回は、3月下旬に放送予定。

人前でまったく朗読したことがないという小田切アナウンサーにわたしの朗読法を伝授しました。さて、小学生を相手にどんな朗読をしたのか、楽しみです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

楠かつのり様

先日は、聖徳学園小学校での撮影で大変お世話になりました。

おかげさまで番組が完成いたしました。
放送日は以下の通りです。

3月25日(木)18:00~18:25 NHK-BS2

22日から同じ時間帯で放送される
「朗読者の挑戦」シリーズ最終回です。

楠先生との出会いは、小田切アナの朗読を変えたと思います。
奮闘ぶりをぜひご覧下さい。

ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
by videoartist | 2010-03-19 10:30

北海道大会、兵庫大会、三重大会でこれまでの個人戦に加えて「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会出場チームを募集します。

[応募条件]

3人でチームを組むこととチームの平均年齢が15歳以上になっていること。
年齢は平均年齢なので、たとえば、小学生を含む家族での出場も可能です。

朗読内容は、団体トーナメント1回戦のルールに従って行います。
1回戦:(各チーム制限時間5分)全員が声を出す。各自がリレー式で朗読する、あるいは輪読、群読または他の方法によって必ず制限時間内に全員が声を出すこと。


各大会で3人1組のチームで参加できるエリア:

北海道大会は、道内在住者及び出身者。
北海道大会 予選会[札幌会場]5月29日(土)、[湧別町会場]5月30日(日)
主催:湧別町・良いもの見よう聞こう会(湧別町教育委員会)
※昨年、上湧別町と湧別町が合併して湧別町になりました。

兵庫大会は、兵庫県内在住者と出身者及び隣接県の岡山県、鳥取県、京都府、大阪府の在住者。
兵庫大会 予選会6月5日(土)
主催:姫路文学館

三重大会は、三重県内在住者と出身者及び奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、岐阜県、滋賀県、愛知県内在住者。三重大会は、個人戦においても上記のエリアに広げて出場者を募集します。
三重大会 予選会6月20日(日)
主催:財団法人 鈴鹿市文化振興事業団
by videoartist | 2010-03-12 12:30 | 「声と言葉のボクシング」

徳島県立文学書道館から連絡が来ました。第8回徳島大会のチラシとポスターの準備を始めたいということでした。徳島大会は立ち上げから担当されていた丁山さんが県立文学書道館を退職されたので、後任に若手の計盛さんが就きました。

丁山さんには独特のしゃべりの上手さがあるので、今後は選手として参加してくれるのではないかと期待しています。

第8回徳島大会の募集要項に変更があります。


満15歳以上で徳島県在住及び出身の方、そして今回は高知県、香川県、愛媛県に在住されている方も応募できます。ふるってご応募下さい。



つまり、四国四県から応募できるということです。今年は、四国では徳島大会だけしか開催されませんから、高知県、香川県、愛媛県に住んでいる方には朗報ではないでしょうか。

そして、「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会出場者の募集も行います。


3人でチームを作り朗読をする団体戦が昨年から始まりました。1人では朗読できなくても3人寄れば文殊の知恵で楽しい朗読ができると思います。声を出すことをより楽しんでもらうのが団体戦の狙いです。初物には、幸福が宿っています。ぜひともご応募下さい。



第8回徳島大会は下記の日程で行われます。

5月22日(土)予選会
6月13日(日)本大会


主催者と大会会場は下記です。

財団法人徳島県文化振興財団
徳島県立文学書道館
徳島県徳島市中前川町2丁目22-1
Tel:088-625-7485
Fax:088-625-7540
by videoartist | 2010-03-04 09:00 | 「詩のボクシング」