日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


電子書籍リーダーのiPadの発売に呼応して京極夏彦さんがミステリー小説「死ねばいいのに」をiPad用に配信するということです。また、五木寛之さんも歴史小説「親鸞」を配信するとのこと。

現在、「親鸞」上巻は、すでにネット上で期限付き(5月12日~6月11日)で無料配信されていますが、五木さんがこの配信に対して「ネット上ではすでに無名の人の作品が数多く公開されいます。今後は、有名、無名に関係なく表現し競わなくてはならない時代がやってきます」と言っていました。まったくそのとおりだと思います。

電子書籍リーダーによって本が安く読めるだけではなく、絶版もなくなり、しかも小部数であっても配信されるというメリットを考えると、これまでの出版の在り方が大きく変わることは間違いないでしょう。

絶版がなくなるということは、昔書かれた本が今に蘇ってベストセラーになるということが頻繁に起こり得るということでもあります。また、無名な人たちに多くのチャンスが生まれるということを考えれば、これまでの出版・販売手法(売れる作家を作り、抱え込み、宣伝して売る)が無効になるということでもあるのでしょう。今現在においても、つまり電子書籍リーダーの登場を待つまでもなく、それは無効になりつつあるのですが。

実は「詩のボクシング」もその流れを先取りしているようなところがあります。

当初は、プロフェッショナルな書き手で試合を行っていましたが、それでは限界があり面白くない。そこで無名有名関係なく誰でもが参加できる一般参加の大会を始めたわけですが、そこでの声の在り方はこれまでの表現に対する価値意識を打ち壊すものがありました。

そして、仕事のこともあって久し振りに第1回全国大会のビデオ映像を観ましたが、やはり無名な人たちが声を合わせている試合の方が圧倒的に面白いと思いました。

5月22日には第8回徳島大会予選会がありましたが、予選会の声の在り方も相変わらずいいです。6月13日の本大会の試合の前に団体試合があります。今回は、にわかに結成された3チームでの対戦(各チームは1回のみの朗読)になりますが、これは面白くなりそうです。また、これは一般参加の地方大会での記念すべき初の団体戦ということになります。

都合がつくようでしたら、ぜにとも観戦に来てください。観戦無料だからということではなく、損をすることはありませんよ。

c0191992_62844.gif徳島県立文学書道館HP・本大会は6月13日(日)午後1時30分ゴング!
by videoartist | 2010-05-24 08:30 | 「詩のボクシング」

ラジオ井戸端会議


5月24日(月)の午後4時からNHKラジオ第一の番組「つながるラジオ-ラジオ井戸端会議」に出演します。

テーマは、「言葉を楽しみませんか?」。わたしが担当するのは、「詩を作ってみませんか?」とした日。詩の作り方も指導します。ちなみに、他の日は、「駄洒落を言ってみませんか?」(井上順 [タレント] )、「川柳を作ってみませんか?」(杉山昌善 [川柳作家] )、「回文を作ってみませんか?」(ながたみかこ [童話作家] )となっています。

詩を書こうというリスナーが何人いるか分かりませんが、テーマを決めて詩の募集するそうです。

そして、わたしもテーマに合わせて詩を書き、紹介されます。


いよいよ5月22日(土)は徳島大会予選会です。今年の「詩のボクシング」の始まりです。

c0191992_62844.gif徳島県立文学書道館HP
(※当日の飛び入り参加もOKです)


今日は北海道大会の応募者についての報告がありました。

今年の北海道大会は、新しい応募者が増えています。
応募者数も例年よりも増えました。
年齢の幅も広く、かつて出場した高校生たちも再び参加してくれます。
久しぶりに賑やかな大会になりそうです。
まだ募集中です!


7月24日(土)に行われるワークショップ型秋田大会も動き始めました。
大館市民文化会館のHPで近々大会内容の詳細が発表されることでしょう。
by videoartist | 2010-05-20 21:00 | 「詩のボクシング」

沖縄から鹿児島からでも


共同通信社から配信された「声と言葉のボクシング」団体戦についての記事が各地方新聞に紹介されると思います。

昨日、沖縄県の沖縄タイムスに掲載されました。また、鹿児島県の南日本新聞社からも問い合わせがありました。

地元で大会が開催されていないのを大変残念がっておりましたが、団体戦には沖縄タイムスに紹介されていますように全国から応募できます。また、兵庫大会についての神戸新聞の記事は配信を受けて独自の記事として掲載しています。

そして、徳島大会予選会まであと1週間となりました。まだまだ応募者数に余裕があります。四国四県に在住あるいは出身の方であれば応募できます。

 財団法人徳島県文化振興財団
 徳島県立文学書道館
 徳島県徳島市中前川町2丁目22-1
 お問合せTel:088-625-7485 申し込みFax:088-625-7540

c0191992_62844.gif徳島県立文学書道館HP


[短信]/詩のボクシング予選参加者募集・10月に全国大会
 2010.05.14 沖縄タイムス朝刊-文化
 

ボクシングのリングを模したステージで2人の朗読者が自作の詩を読み、審判が勝敗を決める「詩のボクシング」の地方予選会参加者の募集が徳島、北海道、神奈川、兵庫など各地で始まっている。

予選会後の本大会で各地のチャンピオンが選ばれ、10月16日に東京で全国大会が開かれる。

今年は個人戦に加え、3人1組の団体戦に出場するチームも募集する。チームは平均年齢15歳以上が条件。制限時間5分で、リレー形式などで詩を朗読し、3人全員が声を出すのがルール。作品は自作のものに限る。

地方大会が開かれない地域の団体戦出場希望者は、朗読の様子をビデオ撮影して、日本朗読ボクシング協会に申し込む。

地方大会の開催地や募集概要の問い合わせは、日本朗読ボクシング協会、電話045-788-2979、メール(voice@jrba.net)。


姫路 来月5日「詩のボクシング」予選会 「団体戦」を新設 3人1組、出場者を募集
2010.05.14 神戸新聞朝刊-文化
 

来月5日「詩のボクシング」予選会
「団体戦」を新設 3人1組、出場者を募集

自作の詩を朗読し、どれだけ観客の心に届くかを競う「第9回詩のボクシング兵庫大会」の予選会が6月5日、姫路市山野井町の姫路文学館で開かれる。個人戦に加え、今回新たに3人1組の団体戦を実施。主催する同館が出場者を募集している。

詩の形式は自由。肉声とジェスチャーのみ認められ、音楽演奏などは不可。朗読時間は個人戦が3分以内、団体戦は5分以内で全員が声を出すのが条件。詩人の楠かつのり・日本朗読ボクシング協会代表ら3人が審査する。

選ばれた個人16人と団体2チームが、6月27日に同館である兵庫大会本大会に出場。リングに見立てたステージで交互に朗読、審査員が勝敗を判定する。本大会で優勝すれば、10月に東京で開かれる全国大会に進める。

参加資格は個人戦が県出身か在住、通勤、通学の15歳以上。団体戦は兵庫、岡山、鳥取県、京都、大阪府在住者で平均年齢15歳以上。参加無料。

6月2日までに、はがきに出場者か代表者の郵便番号、住所、名前、電話番号、職業(学校名)、年齢(団体戦はチーム名とほかのメンバーの名前も)を書き、〒670-0021姫路市山野井町84、同館「詩のボクシング係」へ。
ファクス(079-289-2533)やメール(kyo-bungaku@city.himeji.hyogo.jp)でも受け付ける。同館TEL.079-293-8228


by videoartist | 2010-05-15 10:00 | 「声と言葉のボクシング」

徳島大会の募集の締切日を延長しました。
3人1組となっての団体朗読の募集もしています。

c0191992_62844.gif徳島県立文学書道館HP

団体での参加については、まだまだよく理解されていないところがあるので、各地の大会では丁寧に説明したいと思っています。

6月26日(土)・香川県高松市8月1日(日)・宮崎県延岡市9月5日(日)・京都府京都市で3人1組となっての団体朗読のワークショップを行う予定です。詳細が決まり次第発表します。

一般参加の団体での自作朗読大会というのは、過去に例がありません。
これまでにない楽しい声の場になると思います。

※団体戦への応募と同時に個人戦への応募もできます。

多くの方の参加を期待しています。


東北六県在住者が応募できる秋田大会

7月24日(土)に第2回秋田大会を忠犬ハチ公が生まれた大館市で開催!
秋田、青森、岩手、宮城、山形、福島県からの参加ができます!

c0191992_62844.gif大館市民文化会館HP

秋田大会はワークショップ型なので誰でも気楽に参加できます。
そして、全国大会への出場者も選出します。
全国大会への往復の交通費、宿泊費は主催者である(財)大館市文教振興事業団から支給されます。

主催:財団法人・大館市文教振興事業団
    〒017-0822秋田県大館市桜町南45-1
    TEL 0186-49-7066 FAX 0186-49-7069


長崎、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄県在住者の応募を受け付ける長崎大会

「龍馬伝」でブームが再燃している坂本龍馬の長崎での活躍の足跡が数多く残されている町です。

c0191992_62844.gifハマスカ実行委員会HP

主催:ハマスカ実行委員会
    郵便番号850-0853
    長崎市浜町10番21号 WITH長崎4F 浜んまち事務局内
    電話095-823-0278 FAX095-826-8908
    E-mail info@hamasuka.jp


東京都内在住者及び全国からの応募を受け付ける東京大会

8月7日(土)13:00 東京大会予選会
9月24日(金)19;00 東京大会本大会 ゴング! 

東京駅から羽田空港からも交通の便のよい場所です。
会場は、品川駅から一駅、大町駅に接しているビルの1階です。

会場:きゅりあん(小ホール)
会場への地図も下記ページから。

c0191992_62844.gifきゅりあんHP 

主催:「詩のボクシング」東京大会実行委員会
共催: 財団法人・品川文化振興事業団
    〒140-0011東京都品川区東大井5-18-1
    TEL. 03-5479-4112 FAX.03-5479-4160
by videoartist | 2010-05-08 09:00 | 「声と言葉のボクシング」

新緑の五月にリラックス


やっと新緑の五月がやって来た。
今年は寒かったせいかやっとといった感じです。

もし心に腕組みをしているのであれば、この季節にその緊張を弛めてみるのもよいのではないでしょうか。

自分の言葉を声にして出すわたしのワークショップでは、まずリラックスすることが大切だと言います。さらにリラックスした状態でないと自分の本当の思いを声にすることができないとも言います。とは言っても、すぐにリラックスできるものではありません。人によっては、かなり時間がかかることもあります。

仕事柄または生活習慣ということもあるのでしょうか、普段の役割が身体に染み込んでいてなかなか難しい人がいます。そういった人は、腕組みをしていたり、肩に力が入っていたりと身体のどこかを強張らせているものです。中には、表情がカチカチに固まっている人もいます。これは人に心を開いていない状態です。そのことに気づこうにも、残念ながら自分の目ではその強張った状態を見ることができません。時として人の目を借りる必要もあります。

また、そんな状態では、我を忘れるようなこと、あるいはおっちょこちょいな失態をするといったことはとんでもないことです。恥をかくくらいならまだ硬直して自分を閉じておいた方がいいのでしょう。

しかし、人は恥をかいたり失敗したりすることで自分を見つけ出すこともあるのです。それは自分を取り戻せることでもあります。もちろん、自分を取り戻すことはとても気持ちのいいことです。

人前に立って自分の言葉を声に出してみることも、自分を取り戻し気持ちよくなれることの一つです。

人前で恥をかくこと=自分を取り戻すことは気持ちのいいことです。

そして、気持ちのいいこの五月に、いよいよ「詩のボクシング」の各地での大会が始まります。


7月31日(土)に長崎市立図書館で自分発見の朗読ワークショップがあります。
参加者募集中です。

c0191992_62844.gif長崎市立図書館HP

8月2日(月)に宮崎県延岡市で第34回全国高等学校総合文化祭の文芸部門の大会があります。
その大会での全体交流会で高校生「詩のボクシング」大会が行われます。
今回はどんな輝きを持った原石が現れるのでしょうか。楽しみです。

c0191992_62844.gif全国高総文祭みやざき2010・文芸部門のページ
by videoartist | 2010-05-04 14:00 | 「詩のボクシング」