日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


10月27日(土)に横浜で開催される第12回「詩のボクシでング」全国大会に出場する特別枠の選手に舛谷万象(ますたに・ばんしょう)選手が決定しました。

舛谷選手は、8月9日に行われた全国高等学校総合文化祭とやま2012の文芸専門部交流会で行われた「詩のボクシング」大会でチャンピオンになっています。

c0191992_62844.gif全国高等学校総合文化祭とやま2012・「詩のボクシング」大会

彼の表現力には目を見張るものがありました。特に決勝戦の即興は、観客全員を唸らせるほどそれは見事なものでした。

彼の言語感覚によって表現された作品世界は、若く激しいエネルギーによって爆発し、膨張し、さらに爆発と膨張を繰り返すという無限の広がりを感じさせてくれるものでした。

個人戦・全国大会では、その言語宇宙を体感させてくれることでしょう。楽しみにしていてください。

特別枠選手・舛谷万象c0191992_9175382.jpg



全国大会への意気込み

舛谷万象

私は全国高総合文化祭とやま2012で行われた「詩のボクシング」大会で優勝して、全国大会に参加させていただけることになりました。

この大会に参加したのは、高校の文芸部の顧問の先生に紹介されたことがきっかけでした。

軽い気持ちで申し込んだのもあって、初めのうちは簡単に詩なんて書けると思っていました。

しかし、大会が開催一週間となっても、全く詩が完成しませんでした。

作詩するときの言葉、それの重さは大変なもので、書いても、実際に朗読してみると、音節の数や音の響きが合っていないことが非常に多く、いくらやっても冗長なものにしかなりませんでした。

結局、会場へと発つ日の前日の夜に作り終え、電車の中で読み直し、そして発表することになりました。周りの高校生のレベルは非常に高く、どの勝負もわずかに勝てただけでした。

最近詩を書き始めたばかりで、まだあまり上手に書けません。語彙力もあまりある方ではないですし、鮮烈な表現も得意というわけではありません。ですが、緩急をつけた朗読、ストーリー性のある詩を通して、自分にしか言えない事を言っていきたいです。

全力で挑もうと思っています。

よろしくお願いします。


by videoartist | 2012-08-31 10:00 | 2012年個人戦・団体戦全国大会

8月29日に第1回ワークショップ型「声と言葉のボクシング」山梨大会in長坂が行われました。

4校の小学5年生が各学校で予選を行い、8チームが決勝トーナメントに出場を決め、チャンピオンになったのが長坂小学校の「詩のマジシャンズ」チーム。

出場できなかった児童全員もジャッジを担当し、保護者と教師の見守る白熱の会場で団体戦が繰り広げられました。

決勝トーナメント出場8チームの選手
c0191992_8373277.jpg



チャンピオン・「詩のマジシャンズ」チーム
c0191992_8421815.jpg



「詩のマジシャンズ」チームに第4回「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会への出場権を与えました。


そしてこの大会でもワークショップで見本団体朗読をしたYST(ヤマナシ・スーパー・ティーチャーズ)が第4回「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会へ出場することになりました。

      YST
c0191992_12404974.jpg

       いたやまよしたけ、ふくいたいち、うえだしんや (写真右より)
by videoartist | 2012-08-30 09:00 | 2012年個人戦・団体戦全国大会

観戦チケット発売中!

現在、各地の大会が行われておりますが、10月27日(土)に開催される第12回「詩のボクシング」個人戦・全国大会及び第4回「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会の観戦チケット発売中です。

今回は会場を横浜に移しての開催です。

会場のみらいホールのある桜木町駅まで羽田空港から電車で33分(前回の会場とほぼ同じです)、品川駅から24分、東京駅から電車で30分ほどです。

桜木町駅から会場へは、徒歩3分です。桜木町駅からは動く歩道道ですぐです。

お得なセット券 個人・団体セット券=3,000円

個人と団体のそれぞれの料金 個人戦・前売=2500円 団体戦・前売=2,000円

c0191992_62844.gifチケット購入方法の詳細・PDF形式

c0191992_62844.gifチラシ表・大会日時

チラシ裏面c0191992_16281789.gif


横浜は、異国情緒豊かな町です。

【2012年9月27日の朝日新聞記事】
マンション大手7社は27日、「住んでみたい街」(6月時点)の調査結果を発表した。首都圏1位は5年連続で吉祥寺、関西圏1位は8年連続で芦屋だった。初めて「実際に住んでみて良かった街」を調べたところ、首都圏は横浜、関西圏は西宮が1位だった。 c0191992_22314349.jpg


また、横浜は「ブルー・ライト・ヨコハマ」など数多く歌われている町でもあります。

全国大会会場のすぐ近くに日本一高いビル、横浜ランドマークタワーがあります。

[桜木町駅の情報]

桜木町駅は、かつての横浜駅であり、品川駅と並ぶ日本初の鉄道の駅である。

2004年6月2日にリリースされた横浜出身の平成フォークデュオ・ゆずの通算20枚目のシングル「桜木町」は、東急東横線の桜木町駅を唄った歌である。

ゆず本人達曰く、桜木町駅(特に東急東横線)は相当思い入れのある駅だったため、東急東横線の桜木町駅がなくなると聞いた時に思い出の場所を歌に残そうと思い、作った曲との事である。

また、彼らの楽曲「雨と泪」(1998年)のプロモーションビデオに根岸線と東急東横線の桜木町駅ホームが登場している。

山崎まさよしのヒット曲「One more time, One more chance」の舞台でもある。
by videoartist | 2012-08-28 17:00 | 2012年個人戦・団体戦全国大会

8月25日(土)に10回目を迎えた「詩のボクシング」高知大会が行われました。

チャンピオンは、高瀬草ノ介選手。

振り返ってみると高瀬選手の第1回高知大会での自作朗読は、言葉を研ぎ澄ました聴き応えある詩表現でした。試合後、わたしも彼の言語感覚に「いいものを持っている」と太鼓判を押しました。

チャンピオン・高瀬草ノ介c0191992_9401759.jpg


その後の高瀬選手の自作朗読は、パフォーマンスを交えたものになり、観客を楽しませ、時に驚嘆させ、さらには感動させ今回の大会で4度目となるチャンピオンの座に就きました。

高瀬選手は、「詩のボクシング」が生んだ声と言葉の新世界を創造する最高のエンターティナー。

高知新聞記者の取材に対して、「高瀬草ノ介は表現者としては詩人であり、エンターティナーとしては吉本の名のある芸人を越えている」と応えました。

c0191992_944536.jpg


彼こそ朗読ボクサーの名に相応しい表現者です。

個人戦・全国大会では、彼の朗読パフォーマンスを堪能してもらえることでしょう。ご期待ください。


全国大会への意気込み

高瀬草ノ介

大変です!オバマ大統領!!火星人を発見致しました!  ・・・わ、わ、私です!?

「詩のボクシング」高知大会のリング上にて生息を確認しました!記念すべき第10回目の高知大会、その決勝戦にて即興のお題でなんと「火星人」が与えられ、その時に発覚致しました。それまでは地球人にまぎれ、平穏に暮らしていたのですが、ひょんなことから自分が火星人だったことに気がついた次第であります。

火星人の地球上での生息目的は非常に高度な機密事項でありますから、大統領といえどお伝えすることはできません。が、高知大会のリング上で一部明らかになったという事実のみを申し添えます。

その代りといっては何ですが、高知大会の様子を簡単にご報告致します。

高知大会は、それを支え、また応援してくださる方々のおかげで、10回目の今回も成功に終わりました。今大会は初づくしで、総勢20名による個人トーナメントがあり、観客全員によるジャッジがおこなわれ、密度の高い熱戦が繰り広げられました。観客ジャッジについては、予想以上に接戦が多く、緊迫した判定となりましたが、高知大会の風土にぴったりな判定方法でした。内容についても、ラップあり、ロック魂あり、神学論、講義、体験談あり、新・昔話もダンスもヘビの生殺しもありと非常に多彩で、しかもたしかに詩がありました。観客の皆さんも朗読ボクサーの皆さんも納得の大会だったと思われます。会場の皆さん、ゲストのきららとKIMURAYAのみなさんにも、この場を借りて感謝致します。

さて、私、火星人としての自覚を取り戻しましたからには、10月27日の全国大会は、あの手もこの手も、いくつもの手足を駆使しながら、横浜にお集まりの地球人さんも、赤い靴を履いた女の子さんも、異人さんも、異星人さんも、みんなさらっていくつもりで闘うことを誓います。

あ、最後に。オスプレイは無駄な物です。苦しむのは地球人ばかりですよ!では。



そして高知大会を代表して「声と言葉のボクシング」団体戦・全国大会に出場するのは、秘密結社(記号=六芒星)イデアと昭和歌謡曲B面。

秘密結社(記号=六芒星)イデアc0191992_9472711.jpg


秘密結社は、いつもは路上で表現活動している。路上では、行き交う人たちからはほとんど無視され続けられているという。

だからなのだろう、決勝戦で観客ジャッジの判定によって勝利を決めた瞬間、自分たちの表現が認められたと感極まり、3人は歓喜の声を上げ、喜びの涙を流していた。

3人の自己表現することに真正面から向き合っている(このことは団体朗読に表れてもいた)姿に心打たれた観客も多くいたと思います。

昭和歌謡曲B面c0191992_9485513.jpg


昭和歌謡曲B面は、昨年に続いての全国大会出場ですが、彼らのB面での団体パフォーマンスは全国大会を大いに盛り上げてくれることでしょう。

団体戦・全国大会を楽しみにしていてください。


熱闘 「詩のボクシング」=高知
2012.08.26 読売新聞・大阪 

ボクシングのリングに見立てたステージで自作の詩を披露する第10回「詩のボクシング」高知大会(実行委など主催)が25日、高知市九反田の市文化プラザかるぽーとで開かれ、昨年新設された団体戦では、県内で活動する現代詩朗読グループ「秘密結社☆イデア」が初優勝した。

個人戦に最多の20人、3人1組の団体戦に4組が出場。赤と青のコーナーに分かれ、ゴングの音から始まる3分間、“言葉の拳”を激しくぶつけ合った。判定は今回、審査員ではなく、観客約70人が札を上げて決めるようにした。

 団体戦で、秘密結社☆イデアは、「スーハー」「ングング」など擬音を重ねる「声音詩」で独特の世界を表現した。代表の北川村野川、会社員阿部宏実さん(27)は「優勝を励みに、新しくて面白い表現方法を追及していきたい」と笑顔を見せた。

個人戦はトーナメント形式で対決。決勝はテーマが直前に決められ、「火星人」の即興詩をユーモラスに表現した高知市玉水町、高瀬宏章さん(48)が4回目の優勝を果たした。

高瀬さんと秘密結社☆イデア、団体準優勝の「昭和歌謡曲B面」(高知市)が10月27日に横浜市で開かれる全国大会に出場する。



言葉の熱戦に拍手、笑い 「詩のボクシング」県大会  高知市
2012.08.26 高知新聞・朝刊 社会

第10回「詩のボクシング」高知大会が25日、高知市九反田の市文化プラザ「かるぽーと」で行われた。個人、団体の2部門に約30人が出場、言葉の熱戦を繰り広げた。

「詩のボクシング」は、1対1の対戦形式で自作の詩や物語などを朗読し、その内容や、声と身体の表現力を競う“言葉のスポーツ”。1997年に日本朗読ボクシング協会(横浜市)が始め、全国に広がった。本県では2002年の第1回からほぼ毎年、県大会を開いている。

今回、個人戦には予選を勝ち抜いた20人が出場し、トーナメントで対戦。3人一組の団体戦にも4チームが参加した。

静かに詩を読み上げる人、絶叫して体を投げ出す人、歌と踊りで息を切らせる人、体験談を面白おかしく話す人。リングを模したステージでさまざまなスタイルの朗読を披露し、会場には拍手と笑いがあふれた。

今回は、観客が赤と青の札で「より心に響いた」朗読者を選ぶ観客ジャッジ制を採用。個人では高知市の高瀬草ノ介さん(48)が4回目の優勝を果たし、団体の「秘密結社☆イデア」「昭和歌謡曲B面」とともに、10月に横浜市で開かれる全国大会への出場権を獲得した。


by videoartist | 2012-08-27 10:00 | 2012年個人戦・団体戦全国大会

「詩のボクシング」の参加者は、満15歳以上という年齢制限はあるものの10代から80代まで幅広い年齢で参加してくれています。

声と言葉の表現の場には本来年年齢制限があるわけではありません。いついかなるときでも表現したいと思う気持ちがあれば、その場は与えられるべきだと考えています。もちろん、なければつくるべきだと。そしてその場が、生きる上での何らかのヒントを与えてくれるでしょう。

「声と言葉のボクシング」団体戦では、その考えもあって年齢制限を設けていません。

いずれも一年に一度しかない場でありますが、一人でも多くの方に参加していただければと思います。


第10回「詩のボクシング」高知大会【10周年記念大会】

【本大会】 
8月25日(土) 13:00 開始
会場:高知市文化プラザ かるぽーと小ホール

c0191992_62844.gif高知大会・高知市文化プラザ かるぽーと

【問合せ先】
〒780-8529高知市九反田2-1
公益財団法人・高知市文化振興事業団 「詩のボクシング」係

TEL 088-883-5071
FAX 088-883-5069
メールアドレス:shiboku@kfca.jp


9月1日(土)の第5回長崎大会本大会の前にワークショップがあります。

【本大会】 
9月1日(土) 13:30 開始
会場:ベルナード観光通り
参加費:無料

9月1日(土)は、直前ワークショップを12:30から行います。
直前ワークショップに参加後、本大会に出場もできます。

応募は、住所、氏名、年齢、職業、連絡先の電話番号を明記して下記のFAX、まはたメールアドレスに送ってください。

お申し込み・お問い合わせ先
主催者:浜んまち事務局内 ハマスカ実行委員会
〒850-0853長崎市浜町10番21号 with長崎4F
TEL.095-823-0278 FAX.095-826-8908
メール:info@hamasuka.jp


巌流島400年記念・山口大会出場者募集中!

全国から応募できます!

c0191992_62844.gif巌流島400年記念・山口大会・直接エントリーページ

9月29日(土) 13:00より
会場:DREAM SHIP(宙のホール)
参加費:無料

c0191992_62844.gifDREAM SHIPへのアクセス

決勝戦は船で巌流島へ渡って行われる!

【応募必要項目】
 (1)氏名 (2)年齢 (3)郵便番号 (4)住所 (5)電話 (6)FAX (7)メールアドレス
 (8)職業または学校名 

主催:「詩のボクシング」山口大会実行委員会
by videoartist | 2012-08-24 08:30 | 2012年地方大会情報

東日本大震災の被災地・気仙沼で9月8日(土)に第2回ワークショップ型「詩のボクシング」気仙沼大会が行われます。しかし、参加者の動きがよくなく、前回のような熱気がないと連絡が来ました。

喉元過ぎれば熱さを忘れるではありませんが、被災地に対する身体感覚が薄れていることを感じています。大震災が起きた時は、あれほど身体が何かをしなくてはと震える思いで満たされていたのに。

だからいけないとは思いませんが、そういった事象の表面を流れる生活をどうやれば止めることができるのか、そのことを考えてしまいます。

気仙沼外からの参加の声が聞こえてこないことが、気仙沼の人たちにある種の絶望感と寂しさを与えているようです。

「詩のボクシング」は声を発する場であると同時に聴く場です。聴くことのできる声が存在すること、その声の存在を今気仙沼は求めています。

もちろん、もう一つの被災地の大会である9月9日(日)に行われる大船渡大会もそうです。

一人でも多くの声を!

第2回ワークショップ型「詩のボクシング」気仙沼大会in宮城県

気仙沼市内のみならず宮城県及び他県からの応募(ただし初参加の方に限る)もできます。

9月8日(土) 13:00~16:00

参加及び観覧その他全て無料です!

会場:気仙沼面瀬中学校ホール(宮城県気仙沼市岩月寺沢44)


応募は下記メールアドレスへ。

氏名、住所、年齢、電話&FAX番号、職業(学校名)を明記のこと。

e-mail :qqce4t2d@train.ocn.ne.jp

主催:ワークショップ型「詩のボクシング」気仙沼大会実行委員会

実行委員長 藤田裕喜 (有)藤田新聞店

気仙沼大会については、実行委員長(藤田)にお問い合わせ下さい。
TEL 0226-24-4822


 ワークショップ型「詩のボクシング」大船渡大会in岩手県

9月9日(日) 13:00~16:00

参加及び観覧その他全て無料です!

会場:大船渡地区公民館(大船渡市大船渡町字明神前10-14)


参加条件:満15歳以上で気仙地区在住及び出身の方、また県内外の方も応募できます。

郵便&FAX申込先:〒022-0002大船渡市大船渡町字赤沢12-18
             かんちえこ方 「詩のボクシング」係り まで
             FAX.0192-27-4274

氏名、住所、年齢、電話&FAX番号、職業(学校名)を明記のこと。

問合せは、TEL.0192-27-4274(かん)まで

主催:「詩のボクシング」大船渡大会実行委員会(気仙地区の芸術文芸活動者などで構成)
by videoartist | 2012-08-21 09:00 | 2012年地方大会情報

8月18日に第9回香川大会が行われ、チャンピオンが誕生しました。

池田浩二選手です。

そして、団体戦・全国大会出場チームは、MM1に決まりました。

チャンピオン・池田浩二c0191992_2024244.jpg



大会を終えて

池田浩二

3年前に初めて「詩のボクシング」香川大会に参加したときは,衝撃的でした。相手の選手が繰り出す怒涛のような言葉の力になすすべもなかったのです。これが,「詩のボクシング」なのか,朗読ボクサーなのか・・・・・・。1回戦で敗退しながらも,その世界を垣間見ることができたことに満足していました。

そして,今回,私にとって2回目となるチャレンジ。前回同様,1回戦から苦戦の連続でした。さすが,讃岐うどんを常食としている香川県民,どの詩もこしが強くて,のどごし抜群!おなじうどんでも百軒あれば,百通りの味があります。それぞれの店のこだわりの味があります。選手のみなさん一人一人に世界観や主張があり,そうした思いをその人にしかない言葉でみごとに表していました。

幸いにも優勝することができた私は,思春期の高校生のように,今自分に問いかけています。「私って何だ?どんな人間なんだ?」私にとって表現するという行為は,自分を確認する営みです。「言葉を通して自分を見つめ直す」ことを,自分に課しています。全国大会まで,あと2か月あまり。気負わず,自分の言葉を見つけていきたいと思います。

「うどん県,それだけじゃない香川県」。日本一面積の小さい香川県が,昨年から打ち出しているキャッチコピーです。その香川県からは,「詩のボクシング」,「声と言葉のボクシング」のいずれにおいても,過去優勝者を輩出しています。

これまで活躍されてきた方々,県下の朗読ボクサーのみなさん,
香川大会の運営に携わってこられたスタッフの方々,
そして何よりも私の言葉を聴いてくださったみなさんの期待に応えられるように
精一杯戦います。
「走れ,言葉よ!」




団体戦香川大会代表・MM1c0191992_20201589.jpg


池田浩二選手とMM1については下記新聞記事をご覧ください。

朝日新聞.2012.8.19(画像をクリックすると拡大されます)c0191992_18382372.gif


四国新聞.2012.8.19c0191992_2111270.gif

by videoartist | 2012-08-19 21:00 | 2012年個人戦・団体戦全国大会

表現においてもいろいろな発展形態がある。
9月5日に行うステージ版「詩のボクシング」もそうだ。
ステージ版としているのは、「詩のボクシング」をミュージカルや演劇と同様に上演するものとしたからだ。

つまり、このステージ版自体が一つの作品になる。

そして、この作品は北海道大会を行っている湧別町の文化センターさざ波で上演される。

ステージ版でも8人制の「詩のボクシング」トーナメントを行うが、通常と異なるのは1回戦にテーマを与えていること。さらには、出演する朗読ボクサー8人には、役柄が与えられている。不思議なおじさん、常に悲観的な大学生とシニカル大学生、純粋無垢な娘、ラッパー好きな青年、新聞配達人、学校の先生、旅館のおかみさんなどである。今回のテーマは「いじめ」。このテーマで出演する8人の朗読ボクサーが、与えられた役柄で自作品の朗読を行う。

役を与えることによってどのような声と言葉が引き出されてくるのか、これは通常の「詩のボクシング」とは異なる表現へのアプローチでもある。

「詩のボクシング」には誰もが参加できる場であるので、この事は容易に理解してもらえることだろう。

このステージ版においても「詩のボクシング」トーナメントのジャッジは観客全員が行う。

全体の構成と演出はわたしが担当しているが、その他は全てこの1回限りの声の場に集まった人たちが担当してくれる。

演劇公演と大きく違うのは、出演者が稽古を積み重ねた上で演じるのではなく、稽古という言い方をすれば、それを行うのが日々の生活の場であるということ。このことは自作品を朗読することにおいて非常に重要なことであるとわたしは考えている。

9月5日、ステージ版「詩のボクシング」の上演がどのようなものになるのか……刻々と変化して最終的な形になる。
by videoartist | 2012-08-15 08:30 | ステージ版「詩のボクシング」

第9回「詩のボクシング」香川大会

【本大会】
日時 : 2012年8月18日(土)13:30より(開場は30分前)
会場 : 綾歌総合文化会館アイレックス 小ホール

c0191992_62844.gif香川大会・綾歌総合文化会館アイレックス

【問合せ先】
 「詩のボクシング」香川大会開催実行委員会
 〒761-8084 高松市一宮町334-8
 TEL 090-9773-9476(木村)
 FAX 087-870-4632
 E-mail:5kagawashiboku@mail.goo.ne.jp

主催 「詩のボクシング」香川大会開催実行委員会
共催 公益財団法人丸亀市福祉事業団 文化事業部
後援 丸亀市教育委員会


第10回「詩のボクシング」高知大会【10周年記念大会】

【本大会】 
8月25日(土) 13:00 開始
高知市文化プラザ かるぽーと小ホール

c0191992_62844.gif高知大会・高知市文化プラザ かるぽーと

【問合せ先】
〒780-8529高知市九反田2-1
        公益財団法人・高知市文化振興事業団 「詩のボクシング」係

TEL 088-883-5071
FAX 088-883-5069
メールアドレス:shiboku@kfca.jp


巌流島400年記念・山口大会出場者募集中!

全国から応募できます!

c0191992_62844.gif巌流島400年記念・山口大会・直接エントリーページ

9月29日(土) 13:00より

決勝戦は船で巌流島へ渡って行われる!

【応募必要項目】
 (1)氏名 (2)年齢 (3)郵便番号 (4)住所 (5)電話 (6)FAX (7)メールアドレス
 (8)職業または学校名 

主催:「詩のボクシング」山口大会実行委員会
by videoartist | 2012-08-12 11:30 | 2012年地方大会情報

全国高等学校総合文化祭とやま2012の文芸専門部全体交流会で「詩のボクシング」個人戦と初となる「声と言葉のボクシング」団体戦が行われました。

トーナメントは、午前9から始まった大会は午前11時30分に終わりました。

全国各地から参加した高校生の熱気に会場は包まれ、高校生朗読ボクサーの声と言葉のパンチが聴き手の心を強く打ち続けた2時間半でした。

チャンピオンとチャンピオンチームは決まりましたが、誰一欠けてならない興奮と喜びの場がそこに生み出されていました。

彼ら彼女らは、まさしく一期一会である魂の震えをもたらしてくれた。

特に個人戦決勝戦での両選手の即興、団体戦決勝での両チームの即興もそれは見事なものでした。

【「詩のボクシング」個人戦】

チャンピオン・舛谷万象(山梨県立甲府南高等学校)c0191992_23481525.jpg


準チャンピオン・宮田菜摘(岐阜県立関高等学校)c0191992_23492785.jpg


【「声と言葉のボクシング」団体戦】

チャンピオンチーム・メガネーズK(関東ブロック代表)c0191992_23584654.jpg


準チャンピオンチーム・てーげてげてげ(九州ブロック代表)c0191992_022858.jpg


ジャッジは高校生c0191992_6162029.jpg


ジャッジ判定の瞬間c0191992_23543878.jpg


司会とゴング担当、解説者の3人は、試合の緊張感をほぐしながらトーナメントを進めていました。大会を盛り上げた影の功労者たちです。

トーナメント進行役の3人c0191992_0223765.jpg


会場を独特のパフォーマンスで盛り上げてくれた2チーム。

GIFU(東海・近畿ブロック代表)c0191992_23515045.jpg


厨時代(北信越ブロック代表)c0191992_0182441.jpg



c0191992_62844.gif言葉の力、リングで競う 高総文祭で「詩のボクシング」・朝日新聞・教育・2012.8.9

c0191992_62844.gif自作詩披露、表現力競う 文芸部門・北日本新聞・文化・2012.8.10


(はばたけ高校生 高総文祭とやま)熱戦、言葉のボクシング
2012.08.10 朝日新聞・東京朝刊 社会 

リングの上で交互に自作の詩を朗読し、言葉の力を競い合う「詩のボクシング」が9日、富山県で開催中の第36回全国高校総合文化祭(文化庁など主催、朝日新聞社など特別後援)の文芸部門で開かれた。

黒部市に全国6ブロックから選ばれた個人・団体の21人が集結。青、赤両コーナーに分かれ、3分の持ち時間で詩を朗読した。観客がプレートをあげ、数が多い方が勝ち上がった。

個人戦を制したのは山梨県立甲府南の舛谷万象(ばんしょう)さん(2年)。決勝戦は即興詩の対決。その場で出されたお題は「ダム」。

《誰かが言った/僕の心はダムにせき止められていると/僕は自分の中を見た/ダムはない/僕の中には水たまりしかなかった……》

内面の深さや秘めた可能性をダムから連想し、一編の詩を一気に紡ぎ出した。

団体戦では、「ホタル」のお題を淡い恋物語に発展させた即興詩で、関東ブロックが優勝。関東ブロックの神奈川県立金沢総合の鈴木優花さん(3年)は「自分たちの考えたことがお客さんに届きうれしかった」と話した。


by videoartist | 2012-08-10 07:00 | 個人戦・団体戦