日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


4年前の2009年3月21日のブログを転記します。

今日は暖かい一日だった。
犬と散歩しているとつくしを見つけた。
子どものころ見たものとなんら変わらない姿に安心する自分を感じる。
変わらないものを愛おしく感じるようになった年齢なのかもしれない。


今日のブログのタイトルにした「朗読について」だが、最近、図書館から古い本を借りて読んでいるのだが、その中に朗読と音読の区別をしているものがあった。

おおざっぱにまとめると、教育現場では、小学校低学年では、言葉の意味を考えるのではなく、まず文字を音として読む音読をすすめ、それから意味を考えて読ませる黙読にすすむ。

朗読ができるようになるのは、小学校高学年からとなっている。ここでの朗読とは、感情を入れて文字を読むことで聞き手にその内容を伝えることであるとされている。この「感情を入れて文字を読む」のは、小学校中学年からでもできるだろうが、(感情移入は経験によってその微妙な色合いも出せるようになるので)年齢を重ねるほど表現がよくなるということなのだろう。つまり、人生経験が朗読の表現に広がりを持たせることになるということ。

音読は文字の内容を他者となる聞き手に伝えることではなく、自分の理解のためにするものであり、朗読は他者である聞き手に作品の内容を伝えるために行うものであるということ。40~50年前はそのように考えられていた。


では、そもそも日本で朗読というものがいつ頃から行われるようになったのかと言えば、1920年代の前半ということになる。日本国内においては、言文一致運動(文語体ではなく、日常の話し言葉に近い言い回しの口語体で書く運動)が起こり、口語体の散文や詩が書かれるようになったことが背景にあるが、欧州での俳優が朗読をして観客を集めているという情報なども影響を与えている。

高村光太郎は、明治大正期の詩朗読を「朗読というよりも多くは朗吟であった」と振り返っているように、その頃は朗読というよりも詩吟のように歌うものであったのだろう。だから朗吟とも言われていた。

これは朗詠とも繋がることになるかもしれない。朗吟も朗詠と見做せば、話が一気に平安時代へと飛ぶことになってしまう。

[註:朗詠(雅楽の一。漢詩に曲節をつけてうたう自由なリズムの謡物。平安以降、管弦の遊びの折などに行われた)の詞章となる詩歌を集めたものに「和漢朗詠集(歌謡集。2巻。藤原公任撰。1013年頃成立。朗詠のための漢詩約590句および和歌約220首を、四季・雑に分け、それぞれをさらに細かく分類して収めたもの)」がある。]

話を1920年代に戻すと、1924年に「詩人の日」と題された<詩人自作朗読会>が催されている。主催は築地小劇場で、企画したのが小山内薫である。参加者には、島崎藤村、与謝野晶子、野口雨情などがおり、実際に朗読したという。また、参加者には北原白秋、萩原朔太郎、日夏耿之介などもいたが、広告チラシによると朗読の承諾を得ていないとされていた。さらに、音楽として山田耕作が参加しており、「山田耕作氏伴奏の下に荻野綾子嬢の詩の独唱があった」とされている。会場には500有余名の観客が集まったそうだ。

この日が日本での詩人による自作朗読会のはじまりともなるが、はじまりから朗読と音楽、そして演劇が絡んでいたことが非常に興味深い。
by videoartist | 2013-03-22 17:30 | 2013年度地方大会&全国大会

身体が語り始める


ルートヴィヒ・ビンスワンガーは、「言葉が沈黙すると身体が語りはじめる」といいます。

言葉が沈黙するとは、言葉に表すことのできない状態があるということですが、そういった状態になった時、身体が語り始めるというのです。

相手の言った言葉が受け入れられない時、身体が反応して吐くといったことがあるように、つまりそのように身体が語ることがあります。しかし、そこには言葉だけではなく、相手の態度や振る舞いといった身体が表しているものも関係しています。

わたしはよく、声には身体が張り付いていると言います。声にはそういった質量があるんだと言い換えてもよいでしょう。つまり、声によって、胸にしみる、耳に痛い、背筋がふるえる、腹にこたえるというように身体が反応を起こすことがあります。いや、ほとんどの場合、反応を起こしているのではないでしょうか。

わたしは「詩のボクシング」の場で、人の声によって身体がさまざまに反応をしていることを感じ続けてきました。怒りや攻撃的な声に対しては身体が熱くなるのですが、悲しみの声を多く聞くとさすがに身体にズシンと堪えます。ある大会では、多くの悲しい声を聞き終わって帰ろうとすると身体の体重が何倍も増えて押さえつけられたように腰が上がらなくなったことがありました。

この時、声は身体の表面に触るだけではなく、臓器まで達しているんだなと実感しました。

声の言葉、つまり話し言葉は、話す人の身体が存在している場に関係づけられた言葉です。ところが、文字の言葉はそうではありません。

話し言葉は、話す相手に向かってしゃべるわけですから、相手が上手く理解していないと思えば繰り返す、または補足説明をします。ところが、文字の言葉では、基本的には繰り返しがありません。話し言葉の一回性、不可逆性が消え、無限の可逆性がそこに生まれます。

ただ、声の言葉は、身体が死ぬように死をその瞬間まで感じることができますが、文字の言葉にはそれはできません。なぜなら、文字の言葉は永遠に生き続けようとすることを宿命としているからです。

吉本隆明さんが、80歳を越えて何をしたいかと尋ねられ、声の言葉について突き詰めたいということを言っていました。文字の言葉について深く突き詰めてきた吉本さんにとって、声の言葉の存在が大きくなっていたんだと感慨深くその発言を受け止めました。

わたしは偶然にも、声の言葉についていろいろと考えることになっていますが、毎日が新たな発見とともにあるように感じています。
by videoartist | 2013-03-19 09:00 | 2013年度地方大会&全国大会

声が生まれる



声を出すことと声が生まれることとは違います。

声を出すのは、「わたしの声をあなたに届ける、伝える」ことですが、声が生まれるのは、「誰かに届けるとか、伝えるとかではなく、さらにはわたしやあなたではなく、わたしたちとあなたたちを超えたところで起こっている」ことではないかと思います。

そのことを感じさせてくれたのは、第1回「詩のボクシング」山口大会での予選会で女子高校生が透き通った声で自作朗読を始めて少したった時のことです。突然、声がまるでゴムまりのように跳ねたのです。その跳ね方は激しいものではなく、緩やかな放物線をスローモーションで描いていました。

そのイメージが朗読中に何度か、突然に現れるのです。彼女は意識しているものではなく、吃音症状の一つだといっていましたが、わたしには、その美しい声はまるで天女の声のようにも感じられました。しかし、その時の声とともにあった言葉の意味を理解することはできませんでした。

彼女にその声を活かした朗読をすればいいのでは、と言わたしはいましたが、意識してそうできるわけではない声は、彼女にとっては自分の声でありながら、嫌な声、得体のしれない声であったのでしょう。まるでもう一人の自分がいて声を出しているような、そういった違和感を感じ続けていたのかもしれません。

その後、彼女に会うことはありませんでしたが、その声が耳の奥に住み着いていて、その声にいつでも耳を傾けることができます。

今では、その声とともにあった言葉は聴き取れなかったのではなく、通常の言葉の意味では捉えることのできない、つまりわたしたちの生活の次元を超えたところで詩として存在している言葉ではなかったのか、そう思っています。つまり、わたしたちとあなたがたを超えたところに存在している言葉です。それをわたしは声の詩と呼んでよいと思っています。
by videoartist | 2013-03-12 10:30 | 2013年度地方大会&全国大会

制度的な言葉


「詩のボクシング」の場、特に予選会でよく言っていたのは、「どこかで聞いたことがるような言葉」、「それはあなたが言わなくてもよい、あなたでないと言えない言葉を」という感想でした。

表現するとなると、詩を例にすれば、詩として認められるような言葉を書くなり、声にする人が非常に多くいます。しかし、それは詩のような振りはしていても詩ではないとわたしは感じます。だから、「それはあなたが言わなくてもよい、あなたでないと言えない言葉を」と言うのです。

詩という制度があるとすれば(詩の専門雑誌がるようにそれは実際にあるわけですが)、その制度に縛られた言葉が詩の振りをした詩を書かせてしまうのでしょう。だから詩のような振りはしていても、「それによって世界とその人が今までとまったく異なったものとして見えてくるような驚きを」感じることはできないのです。

そこでは、詩であるか、詩でないかも制度的に判断されるわけですが、その制度の外にも詩はあるのです。それは制度の網では決して掬い上げることができない。では、掬い上げられるとすれば、どうすればよいのか。その答えを求めて試行錯誤する中でわたしは、語りかける声に掬い上げを託し、既成概念を打ち破る方法で「詩のボクシング」を始めたのです。

「詩のボクシング」には、詩はないという人がいますが、その発言は詩がどのようにして生まれるものなのかをまったく意に介さない制度的にしか詩を見ていない偏見であるとわたしは思っています。これは教育者に非常に多い。教育がいかに制度的なものに縛られているか、その証のような物言いだとも思います。

もちろん、言語の制度的な教育をよしとしない教育者もいます。彼らは、「詩のボクシング」を取り入れて指導してくれていますが、詩を、あるいは表現する言葉を制度的には捉えていないからこそ、その指導ができるのでしょう。言うまでもなく、「詩のボクシング」は、詩であるとかないとか、詩の優劣を決めるような場ではないことを十分に理解した上での指導です。いわば「声としての身体の言葉をみんなで共有する」、そのための場として「詩のボクシング」を取り入れているのだと思っています。
by videoartist | 2013-03-09 10:30 | 2013年度地方大会&全国大会

表現としての言葉


メルロ・ポンティを引用すれば、言語には二つの機能があります。

一つは、情報を伝達する機能。これがなくては社会的生活をわたしたちは営むことはできません。言語が伝達機能を持つには、そこで用いられる用語の意味が社会的に確定されていなくてはなりません。わたしが言った一語があなたにも同じ意味として受け止められなくれば伝達など成り立たないということです。ただし、わたしが言った一語は、人々の中で何千回何万回と使われて、共通の意味が了解されるようになっていなくてはなりません。これこそが使い古された言葉であり、いわば制度化された言葉でもあるわけです。これを第二次言語とメルロ・ポンティは言います。

第二次があれば、第一次があります。二つ目の機能、つまり第一次言語について彼は、「現れつつ意味を形成する言葉」だと定義します。これは生き生きとした充実感をもった表現をつかみ、真に生きることであるとします。詩人や哲学者は、そういった表現をつかむことができる者のことをいうのでしょう。メルロ・ポンティは、この根源的な体験を言い表す言葉を真正の言葉だともいいます。

ただ、第一次と第二次言語は、話す主体からの考え方です。しかし、話すということにおいては、つまりわたしが声を発することにおいては、他者、つまりあなたがいなくてはなりません。そのあなたを生み出す言葉というものもあるはずです。さらに言えば、あなたが生み出されることによって、わたしも生み出されるといえばよいでしょうか、そういった言葉、つまり語りかけられ、聞く言葉があるはずです。

それは声の言葉、その場に一回性として生まれる言葉だとわたしは考えています。そこでは時として詩という枠には収まらない詩を超えているともいえる語句が飛び出してくるのではないか、とも。使い古された言葉の制度的な縛りを打ち破り、その場限りのその場にいあわせるものだけが共有する言葉として誕生するのです。そして、その誕生によって世界とその人との関係が今までとまったく異なったものとしてある驚きを、その場にいあわせた人たちは体感することになるのです。

その場が「詩のボクシング」であり、新たな詩を生み出せる場であるとわたしはこの今も思っています。




by videoartist | 2013-03-08 12:00 | 2013年度地方大会&全国大会