日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

コロナ以後、言葉だけではなく、言葉以前の身体と声でコミュニケーションする場とした「詩のボクシング」の在り方も変わる


-----------------------------------------------------------


2008年不況下の「詩のボクシング」と新型コロナウイルス不況との関係


-----------------------------------------------------------


新型コロナウイルス(covid-19)によって引き起こされたパンデミックによって、世界同時的にこれまでの日常生活を大きく制限され、日本では緊急事態制限が解除されたといえ、(人類が初めて経験するパンデミックということもあり)各国それぞれに政治経済の対処療法的(言い換えれば場当たり的)な対策をする流れの中で、わたしたちはこの先の生活に新たな生活様式(ニューノーマル)という抽象的な言葉を具体化する生活を見つけ出して行くことが強いられるといっても過言ではないでしょう。


経済状況に対してよく例に出されるのが、2008年のリーマン・ショック(2008年9月、アメリカの有力投資銀行であるリーマンブラザーズが破綻し、それを契機として広がった世界的な株価下落、金融不安[危機]、同時不況の総称)です。もちろん、今回の新型コロナウイルスによって引き起こされたパンデミックによる不況とリーマン・ショック不況とでは、その原因、内容、規模において大きく異なります。ただし、貧富の格差という点においては、共通した問題があることが見えてきます。


2008年といえば、「詩のボクシング」は10周年を記念した大会が行われた翌年になります。つまり、2008年以降の「詩のボクシング」の大会は、リーマン・ショック後の不況下で行われていたことになります。翌年の2009年には、新型インフルエンザ(コロナではありません)の発生が宣言されています。この時もマスクが不足しているとか、医療機器が足りないとか報道されています。そして翌2010年の国内の出来事としては、「尖閣沖で中国漁船衝突」、「大阪地検で証拠改ざん。検事、元特捜部長ら逮捕」、「小惑星探査機[はやぶさ]が7年ぶりに帰還」、「記録的な猛暑、熱中症による死者多数」などが挙げられます。そして、2011年には、東日本大震災があり、日本経済は再び大打撃を受けます。


2020年以降に起こることをどこか暗示しているような気がします。2020年は、パンデミックと大不況が同時にやってきているので、大地震による災害と地球温暖化による台風などの被害が重なって起きるかもしれません。


新型コロナウイルスは、人々を分け隔てなく平等に襲いますが、その襲い掛かるウイルスを払いのける手段は平等ではなく、そこに経済的格差が歴然として存在します。これから冬を迎える南半球、中でもアフリカや中南米では手を洗う水すらない地域もあります、治療のための医療器具にしては言わずもがなです。


わたしは、コロナ以後、言葉だけではなく、言葉以前の身体と声でコミュニケーションする場とした「詩のボクシング」の在り方も変わる必要に迫られると思っています。


ところで、2008年に三者鼎談と題した講演会を行っています。2020年以降、わたしたちの生き方を考えるときに参考にさればと考え、紹介します。この鼎談の背景には、2001年から2006年までの小泉純一郎内閣は、新自由主義名のもとに構造改革を行います。これによって、今に続く経済格差が引き起こされたといわれています。この三者鼎談には、「詩のボクシング」全国大会のジャッジを担当していただいた雨宮処凜さんも参加してもらっています。そして、佐高信さんにも参加していただいています。

コロナ以後、言葉だけではなく、言葉以前の身体と声でコミュニケーションする場とした「詩のボクシング」の在り方も変わる_c0191992_16564899.jpg
http://www.jrba.net/talk.pdf




# by videoartist | 2020-05-26 16:58 | 「詩のボクシング」
今こそ根本を見直す、「詩のかくれ場所」を共有することが大切。

インターネットを利用できるようになった1995年にhtml言語を使ってホームページを作り、詩の実験をいろいとやっていました。その時、糸井重里さんとスクロール機能を使った共同詩を創ったこともありました。

それが縁で、『ほぼ日刊イトイ新聞』に「詩のかくれ場所」として投稿コーナーを作ってもらいました。

「詩のかくれ場所」というのは、糸井さんの銘銘ですが、詩そのもの表現に行き詰まりを感じていたわたしは、詩のかくれている場所に詩を感じる感受性が宿っていると思い、すぐに連載投稿を引き受けました。その後、「詩のボクシング」で忙しくなり連載投稿を終えましたが、今、新型コロナウイルスの禍中で、改めて詩を新しく作るというよりも、詩が生れる場、つまり、詩を感じる土壌が豊かであるのかどうかを再確認する必要があると思っています。

豊かな土壌があれば、さまざま植物が芽を出し、成長しますが、そうではなく荒れた土壌であれば植物は、芽を出し咲く花はありません。詩を花に喩えるとすれば、今は荒れた土壌でむりやり花を咲かさせようとしているかのようです。だから、口ずさむ詩が生れないのではないか。

つまり、詩情(ポエジー)を感じられる感受性に栄養を与えることができれば、そこに詩は芽を出し、育つと言い換えることもできると思います。

だから、「詩のかくれ場所」をみなさんと共に探し、その場を耕すことができればと考えています。いかがですか、いっしょにやりませんか。

今こそ根本を見直す、「詩のかくれ場所」を共有することが大切。_c0191992_16004231.jpg

ところで、谷川俊太郎展が、熊本市現代美術館で2020年6月27日から9月6日まで開催されるということで、美術館からわたしと谷川さんの共同制作作品『ビデオサンプラー』の著作権使用の承認依頼書が届きました。クレジットには、出演:谷川俊太郎、楠かつのり、音楽:谷川俊太郎、制作・いまじん/1986とあります。いまじんは、わたしが発行・編集責任者として世界初のビデオ映像による雑誌の名前です。このいまじんで、谷川さんと遊び心で当時は珍しいビデオ映像で楽しく遊んでいました。

遊び心が、ビデオ映像での表現の場を豊かなものにしてくれていたと思います。



# by videoartist | 2020-05-11 16:08

WHOは、新型コロナウイルス感染者が世界的に増え続けていることを踏まえて、3月11日にパンデミック宣言をしました。

新型コロナウイルスについての報道が始まって以来、わたしたちは、これまで疑うことのなかった生活の仕組みに大きな変化があるのではないか、いや変化させなくてはならないのでは、と感じ始めているのではないでしょうか。

中には、その変化にどう向かい合うのか、どう行動するのか、そのために何をすべきか、何を変えなくてはならないかと既に考えている人もいるのではないでしょうか。

わたしは、自分を変えるためには、自らの生活環境を変える必要があると考え、まず面白いと思えることを見出し、「詩のボクシング」を始めた時もそうでしたが、その世界に飛び込むようにしてきました。

前回の投稿にもあるように、「詩のボクシング」の新たな展開に向けて踏み出したのも、環境を変えなければ自分を変えることはできないという思いがあったからです。

実は、他にも地球温暖化を防ぐ一助となればとの思いから、離島での「詩のボクシング」を実現させようと話を進めています。この離島での「詩のボクシング」は、離島に在住の高校の先生からいただいたメールがきっかけになっています。2017年12月22日に投稿の「『詩のボクシング』とは一体何だったのか!?」を読んでメールしたとのことでした。この動きについてもここで紹介します。


# by videoartist | 2020-03-14 06:53
ニューラル機械翻訳で日本語について考える_c0191992_11363026.jpg

1997年に始めた「詩のボクシング」を2017年の20周年大会で一区切りとしていましたが、一区切りとする一方で、「詩のボクシング」を行った経験によって得たことをどのように発展させることができるのかと考えていました。

 現在、世界の動きを身近に感じられる出来事として、中国の武漢市が発生源とされている新型コロナウイルス(COVID-19)感染者の世界的広がりがあります。世界のインターネット上の各サイトでは、新型コロナウイルスについて真実も嘘も混交玉石の内容で情報発信をしています。わたしは、毎朝、その広がりの状況を知りたいと、イタリアで感染者数が増加していると知れば、イタリアの新聞をイタリア語で読み、イランでも増えていると知れば、イランの新聞をペルシャ語で読み、韓国、中国、香港、台湾などの状況も韓国語、中国語で読んでいます。

 もちろん、わたしにそれだけ多くの外国語を理解する能力はありません。しかし、皆さんも同様にインターネット上では非常に簡単に世界各国が発信している情報を日本語で理解することができるのです。このことを可能にしているのが、ニューラル機械翻訳です。

 わたしは以前からロボット・人工知能について関心を抱き、独自の研究をしています。その中で、「詩のボクシング」の声と言葉の表現に新たな展開を見出せるかもしれないと直感し、人工知能に関連させた動きを本格的に始めたいと思うようになりました。もちろん、この動きの中心になる言葉は、わたしたち日本人には言うまでもなく日本語になります。この一見すると当たり前のことを非常に重要なこととして教えてくれるのが、人工知能の深層学習(ディープラーニング)を使ったニューラル機械翻訳なのです。

 このニューラル機械翻訳のことを含め、「ニューラル機械翻訳がもたらす言語世界革命~新たな外国語の学び方~」と題した原稿をkindle出版しました。この中で紹介している新たな講座として紹介している中で、「詩のボクシング」の新たな展開を考えています。

ニューラル機械翻訳がもたらす言語世界革命: 新たな外国語の学び方 (ロボット&人工知能アート研究所ブックス) Kindle版

 もちろん、このことは「詩のボクシング」の新たな展開にも繋がっていることなので、ここでも少しずつ書いて行きます。


# by videoartist | 2020-03-04 05:12 | 「詩のボクシング」

2009年6月13日に「BS20周年ベストコレクション」としてOAされた「詩のボクシング」(1998年10月10日にバリオホールにて開催)を収録して制作された番組からオープニングとエンディングのほんの一部を紹介します。

https://youtu.be/sTjOvZy_oTQ



# by videoartist | 2019-11-17 10:53 | 「詩のボクシング」