日々にイメージを採取する!


by videoartist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

第4回長崎大会チャンピオン誕生!


8月27日に第4回長崎大会が行われ、村上昌子選手がチャンピオンになり10月22日の全国大会に長崎大会代表として出場します。

村上選手は、宮崎県での高校生大会で注目を浴びていた選手です。

c0191992_62844.gif長崎、宮崎でのワークショップと全国高総文祭みやざき2010での高校生大会

  村上昌子
c0191992_1523526.jpg




村上昌子

どうも名前が古風な村上です。

大学受験で「詩のボクシング」からいったん離れていましたので、今回1年振りに人前で詩を朗読することが出来て本当に気持ちが良かったです。

また、出場された朗読ボクサーの皆さんが、全国大会やインターネットで拝見したことのある憧れの方々でしたので、ご一緒させていただいてとても光栄でした。

初めて長崎に来た私の詩を少しでも聞いてくださった長崎の方、ありがとうございました。おかげさまで楽しかったです。

長崎大会では、高校時代に書いた詩を読みました。昔とはまた違った気持ちで読めたように思いますが、いかがでしたでしょうか。

全国大会に向けて、新しく詩をつくろうと思います。

高校を卒業し県外で独り暮らしをし、今までとは全く違う生活を始めたので、どんな詩ができるか自分自身楽しみです。

全国大会の会場で、朗読ボクサーの方々含め沢山の人に出会いたいなと今からワクワクしています。




「詩のボクシング」長崎大会 優勝は村上さん(北九州市立大)
2011.8.28 長崎新聞

全国大会の出場権を獲得した村上昌子さん=長崎市浜町、ベルナード観光通り

ボクシングのリングに見立てた舞台で2人の詩人が自作の詩を交互に朗読し、ジャッジが勝敗を判定する「詩のボクシング」長崎大会が27日、長崎市浜町のベルナード観光通りであり、最年少出場の北九州市立大文学部1年、村上昌子さん(18)=宮崎県出身=が優勝した。

市中心部の活性化に取り組む「ハマスカ実行委」と市立図書館の共催。4回目となった今年は、7月末の予選会を勝ち抜いた県内外の10代後半から60代の男女8人が出場。参加者は自らの声と言葉を使い、さまざまなテーマで自分の考えや思いを発表。どちらがより観客の心に届いたかを審査基準にトーナメント方式で勝敗を競った。

村上さんは、地デジ完全移行を控えたアナログテレビに自らを置き換え、役割を終える寂しさや地デジ対応最新テレビへのねたみを表現。決勝戦でも、「おにぎり」をテーマにしたユニークな詩を即興で仕上げ、市民らを魅了した。

村上さんは10月22日に東京で開催される全国大会に出場する。




自作の詩の朗読パフォーマンスで対戦する「詩のボクシング」長崎大会が8月27日、観光通りアーケード(長崎市浜町)で行われた。 (長崎経済新聞)

「詩のボクシング」は、ボクシングのリングに見立てたステージで朗読ボクサー2人が交互に制限時間内で自作の詩の朗読パフォーマンスを披露し、どちらがより観客の心に届いたかを審査員の多数決で勝負を判定するもの。長崎大会は今年で4回目。優勝者は10月22日に東京で開催される全国大会に出場できる。

会場となった観光通りアーケードの特設リングには、予選を勝ち抜いた老若男女8人の選手が集まり激しい対戦となった。ウルトラマンの謎を語る人、言葉を掛け合うエコー人民共和国の建国を呼び掛ける人、地デジ化で消え行く運命を嘆くブラウン管テレビになりきる人、前髪を描写した人など、いずれも力作ぞろい。会場がアーケードの真ん中とあり、遠巻きに見ながら通り過ぎる人や立ち止まって聞き入る通行人など、アーケードならではの光景が見られた。

決勝戦では6月に前期全国大会出場を果たした長崎市在住の岩永真実さんと、北九州市の大学1年生、村上昌子さんが対戦。決勝特別ルールで通常の3分制限の第1ラウンドと、その場でお題をもらって即興で朗読する第2ラウンドとの総合点で競う。

岩永さんには「クリ」、村上さんには「おにぎり」のお題が、それぞれ直前に与えられ、高級なクリの気持ちを朗読した岩永さんに対し、村上さんはおにぎりの親子になりきって朗読した。優勝は審査員5人の全員一致で村上さんに決まった。

「高校1年から『詩のボクシング』に関わっているが初めて優勝できてうれしい。即興の方はダメだと思っていたので驚いている」と笑顔を見せる村上さん。朗読のスタイルはいろんな人の作品を聞いて研究したという。

審査委員長で日本朗読ボクシング協会代表の楠かつのりさんは「アーケードのようにオープンな会場で行うのは選手には厳しいかもしれない。この試合は勝ち負けより、勝負そのものがライバル同士で一つの作品を作り上げるようなもの。その意味で今回の長崎大会は意義深いものになった」と話す。

村上さんは今後の目標について、「全国大会に行く交通費をバイトで稼ぐこと」とほほ笑む。


by videoartist | 2011-08-29 15:30 | 個人戦及び団体戦・全国大会2011